森保ジャパン「ロシアW杯組との融合」進む。南野3戦連続弾、堂安代表初ゴールなどで強豪ウルグアイ撃破

森保ジャパン「ロシアW杯組との融合」進む。南野3戦連続弾、堂安代表初ゴールなどで強豪ウルグアイ撃破

2018.10.17 ・ 日本代表

シェアする

16日、「キリンチャレンジカップ2018」日本代表対ウルグアイ代表戦がさいたまスタジアム2OO2で行われ、日本代表は大迫勇也、中島翔哉、南野拓実、堂安律ら攻撃陣が躍動。強豪ウルグアイから4ゴールを奪い、4対3で勝利。来年1月に開催されるアジアカップに向けて、期待の持てる試合となった。


FIFAランキング5位、ロシアW杯ではベスト8に進出したウルグアイ。森保ジャパンの腕試しには、願ってもない強豪との一戦。「ロシアW杯組との融合」を目指す日本のスタメンは、GK東口順昭、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、三浦弦太、長友佑都。ダブルボランチに柴崎岳と遠藤航。2列目に堂安律、南野拓実、中島翔哉。ワントップに大迫勇也が入る4-2-3-1でスタートした。


先手をとったのは、ホームの大声援を受ける日本。前半10分、中島が鋭いグラウンダーの縦パスを入れると、南野が鮮やかなボールコントロールで反転し、右足でシュート。ウルグアイの守備陣を手球に取る個人技でゴールネットを揺らし、先制点を奪った。


前半17分には、コーナキックのボールにゴディンが頭で合わせるが、GK東口がファインセーブ。直後の前半19分には遠藤のパスを受けた大迫が抜け出し、GKと1対1の場面を迎えるが、シュートはゴール左に逸れた。


前半28分、セットプレーからペレイロに決められ、1対1の振り出しに戻るが、日本も反撃に出る。前半36分、堂安のパスを受けた中島がシュートを打つと、GKが弾いたボールを大迫が詰めて、勝ち越しに成功する。


突き放したい日本だったが、ウルグアイも隙を見逃さない。後半12分には、三浦のパスをカバーニに奪われると、GK東口をかわしてシュートを決められ、2対2。またしても追いつかれてしまう。


しかし日本もすぐさま突き放す。後半14分、酒井のパスを受けた堂安が冷静にゴール左角に流し込み、再び勝ち越し。さらに堂安の勢いは止まらない。後半21分、堂安が強烈なシュートを放つと、GKが弾いたボールを南野がダイレクトで蹴り込み、4対2。ウルグアイに2点差をつける。


後半29分、柴崎に替えて青山敏弘を投入。しかし直後の後半30分、カバーニのパスを受けたロドリゲスに技ありのシュートを決められ、4対3の1点差に詰め寄られてしまう。


逃げ切りを図りたい日本は後半42分、中島に代わり、原口元気を送り込む。最後まで集中を切らすことなく戦った日本。強豪ウルグアイを相手に4対3で競り勝ち、見事、勝利を収めた。


試合後、森保一監督は「選手たちが、チームでやろうとすることを共有して勝利できたことが良かった。チームとして大きな自信になった。(来年1月の)アジアカップは戦いが変わってくるので、成長できるように気を引き締めて次に進みたい」と振り返った。


前線で起点になり、ゴールも決めた大迫は「若い選手とW杯に出たメンバー、全員がいいプレーをしたと思う。自分はW杯の悔しさが残っている。借りを返すために、反骨心を持って試合に臨んだ。アジアカップは優勝しか目指していない。いい準備をしたい」と力強く語った。


2得点の南野は「チームとして勝ち切れたこと、ゴールという形で貢献できてことがよかった」と話し、攻守に圧倒的な存在感を放った堂安は「この自信を積み上げていきたい。まだまだサバイバルは続く。もっと上を目指して頑張りたい」と意欲的に語った。


日本代表の次の活動は11月のホーム2連戦。来年1月のアジアカップに向けて、森保ジャパンの成長は止まらない。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事