「遠藤と伊東には驚いた」英国熟練記者が森保ジャパンの欧州遠征4試合を総括!「前線のベストな選択肢は明らか」

「遠藤と伊東には驚いた」英国熟練記者が森保ジャパンの欧州遠征4試合を総括!「前線のベストな選択肢は明らか」

2020.11.19 ・ 日本代表

シェアする

 最強ではないけれど、良い相手と組んだ4つの試合で、ふたつの勝利、ひとつの引き分けと敗北。生まれたのはたったふたつのゴールで、そのうちひとつはPKだった。この結果は、日本が今、どのようなステージにいるのかを非常によく物語っているように思う。悪くもなく、良くもなく、決して偉大ではない…そして、まだまだやるべきことはたくさんあるということだ。


 敗北したメキシコ戦で最大の収穫と言えるのは、遠藤航と伊東純也の重要性を認識できたことだ。パナマ戦では後半から出場した遠藤、コートジボワール戦での伊東のクオリティーの高さを考えれば、どちらも驚きではない。それにしても、この1年ほどでこのふたりがとても進化していることに驚いた。


 伊東について、正直これまではスピードと豊富な運動量を活かしたプレーが魅力だが、クロスは意図的というより、やや偶然ぎみに良いクロスを上げる、繊細ではない選手だと思っていた。


 だが、コートジボワール戦とメキシコ戦でこの印象が変わった。広い視野と高いスキルを備え、攻守両面で存在感を示していたからだ。鋭いドリブルと素早いパス(長短どちらも)は日本にとって絶好のチャンスを作る手助けとなった。特にメキシコ戦ではスピードを活かして、前半だけで評価すれば、日本代表最高のプレーヤーだった。

  ただ、後半は霧に紛れて姿を消してしまった。それは遠藤にも同じことが言える。


 パナマ戦では後半から遠藤が出場して守備を固め、柴崎を解放して日本の攻撃に流れを与えた。メキシコ戦の前半でも同じことが起き、メキシコの高いプレッシャーを受けながらも、中盤をしっかりと閉じて、自分たちのペースで攻撃に持ち込むことができた。日本が中盤を支配し続けられたのは、遠藤が果たした役割が大きいことは明白だ。それだけでも、彼の実力を高く評価できる。


 メキシコ戦の後半で日本が停滞したのは、伊東や遠藤だけのせいではない。ラウール・ヒメネスのゴールが決められたシーンで、日本はバランスを崩していた。イルビング・ロサーノに2点目を奪われた際にもショックから立ち直っていなかった。


 このシーンでは、柴崎の重要性も確立されたと思っている。彼がピッチを去った後にすぐに失点したことは関係ないとは言い切れないし、このことからも、遠藤と柴崎の相性の良さは、特筆すべきものだと認識すべきだろう。 ほかにも、メキシコ戦はさまざまな注目すべき要素があった。


 パナマ戦では3バックのフォーメーションが成功したと言えるが、メキシコ戦の4-4-2のほうがよっぽど楽なことは見て取れた。


 守備陣も、前半は良かった。右SB酒井宏樹は守備面で素晴らしかったが、今回はあまり攻撃面での貢献ができなかった。伊東と酒井は、頭を整理して役割分担を話し合う必要がある。


 左SBの中山雄太は、メキシコを封じ込めることに成功したが、期待していたよりも貢献度は低かったように思う。長友佑都の姿はそこになかった。シュミット・ダニエルは何もすることはなかったが、頼もしく見えたし、彼に求められていたことはこなしていた。吉田麻也、冨安健洋のプレーは完璧だった。


 それでも、攻撃面では何かが欠けていた。今回の遠征を経て私は、中島翔哉、南野拓実、堂安律、そして大迫勇也のコンビネーションが、今のところ日本一であり、ベストな選択肢だと考えるに至った。


 中島と堂安に最も近づいているとされ、テクニックは申し分ない久保建英と三好康児は、残念ながら、まだ準備ができていない。彼らは確かに若くして超一流であり、これからも成長が続くだろう。2022年のカタール・ワールドカップでは万全の状態になっているかもしれない。だが、今は違う。


 もう一つのオプションだった伊東と原口というスピードに優れたウインガーと、長身のFWを使うという選択肢は、ビルドアップに関しては有効だが、ゴールは生まれていない。

  加えて、日本では南野拓実、鎌田大地というふたりの優秀なストライカーがいるが、私の考えではCFではない。CFでは少なくとも、大迫が役割を果たせることを証明しているが、カメルーン戦ではやや腰が引けていた。バックアッパーは間違いなく必要だ。


 その有力候補だった鈴木武蔵は、よく動き、スペースを見つけ、作るというプレーで何度かビッグチャンスを得た。にもかかわらず、得点に結びつかなかった。非常にいいプレーをしているからこそ、彼自身も無得点に苦悩しているに違いない。もうひとり浅野拓磨は、スペースがある時はいいが、無い時には良い成果が得られていない。 森保一監督は苦悩しながら、何かがうまくいくまで、本当に様々な組み合わせでオプションを試し続けている! だが、私の率直な考えはこれまで述べてきた通りだ。前述した前線4人の組み合わせを超えるオプションや、チームの最適解は今回の遠征では見つけられなかった。


 ただし、今回のオランダとオーストリアで行なった4試合は成功を収めたと評価したい。この状況下でも日本代表は再び動き出し、良いプレーも見せてくれた。ワールドカップのベスト8に進出するチームのパフォーマンスとは言い難いが、本番は2年先のことだ。


 その間に、良くも悪くも多くのことが変わるだろう。現時点で最も重要なことは、森保監督が今いる選手たちと一緒に歩みを止めず、チームを構築し続けることだ。4試合で披露したチームのバリエーションは豊富であり、多くの示唆を与えてくれた。選手同士の繋がりも再確認でき、課題も明確となった。


 日本代表チームは成長のために、再び前進し始めた。それだけは間違いないのだから。


――◆――◆――


著者プロフィール

マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事