【コラム】「マラドーナ、冗談じゃない!」数多の称賛とブーイングを浴びた本当のヒーロー

【コラム】「マラドーナ、冗談じゃない!」数多の称賛とブーイングを浴びた本当のヒーロー

2020.11.27 ・ 日本代表

シェアする

 1990年イタリア・ワールドカップでは、取材拠点をローマにした。テルミニ駅近くのホテルに部屋を押さえ、そこに大きな荷物を置き電車や飛行機で移動を繰り返した。優に1ヶ月間を超える滞在なので、朝食時などで連日顔を合わせるメイドのおばちゃんとは、だいぶ仲良くなった。おばちゃんがサッカー好きなのはわかっていた。だから帰国する時に「世話になったお礼に」と、日本から持参した写真掲載の多い大会展望の本を手渡そうとした。


 いつも笑みを絶やさない人懐っこいおばちゃんだった。ところが本の表紙を目にした瞬間に態度が豹変した。


「マラドーナ、冗談じゃない!」


 途端に踵を返すと、暫くは厄払いのように大声で愚痴のような言葉を連ねるのだった。


 当時セリエAは黄金時代の入り口に差し掛かっていた。欧州には3大カップがあり、チャンピオンズカップはミランが連覇中。カップ・ウィナーズカップはサンプドリアが制し、UEFAカップは決勝でユヴェントスがフィオレンティーナを下してイタリア勢が独占している。カルチョの国は空前の盛り上がりを見せ、自国開催のワールドカップでも優勝の気運が最高潮だった。


 だがそんなイタリア国民を悲嘆のどん底に突き落としたのが、ディエゴ・マラドーナだった。大きな期待を背負うイタリアは、ナポリで準決勝のアルゼンチン戦を迎え、PK戦の末に散る。イタリア代表のジュゼッペ・ベルゴミ主将が口にしたように、ナポリのスタジオ・サンパウロでは3割近くがアルゼンチンの応援に回った。ナポリのサポーターは言った。


「もちろんイタリアには勝って欲しいさ。でもマラドーナは特別なんだ。他のなにものにも代えられない」


 マラドーナがやって来てナポリは一変した。セリエAでは圧倒的な北部優勢が続き、南部のナポリは中位を彷徨っていた。しかしマラドーナを獲得すると、並外れたスーパープレーでチームを牽引し2度のスクデットをもたらす。要するにナポリでは、アズーリと呼ばれるイタリア代表以上にマラドーナを愛する人たちが大量に生まれた。逆にナポリ以外でマラドーナはイタリアを下した最大の憎まれ役だから、ローマでの決勝戦後の表彰では耳をつんざくブーイングを浴びることになった。

  以前カズ(三浦知良)にインタビューをした時に「本当のヒーローにはアンチが半分はいる」と語っていたが、マラドーナはまさに典型だった。皇帝と呼ばれたフランツ・ベッケンバウアーが漏らしていたように「サッカーでは天才だが、人間としては…」との見方が一般的で、何かにつけて物議を醸した。


 86年メキシコ・ワールドカップでマラドーナのプレーを堪能できたのは、自分自身の人生でもハイライトだったと思う。準々決勝の対イングランド戦の2ゴールは今でも語り草。5人抜きは、正々堂々が基本でファウルをしてでも止めようとしないイングランドが相手だから実現したという見方も強いが、82年スペイン大会をチームメイトとして戦ったオズバルド・アルディレスは明確に否定していた。


「私は何度も何度も見返した。あれは相手がイングランドの選手でなくても止めるチャンスはなかった」


 ただし直前の「神の手」ゴールは、卑怯を嫌う英国では完全否定され、マラドーナがピッチに立つとスタジアムはブーイングの坩堝と化した。


 とにかくマラドーナの発想は、良くも悪くも規格から大きくかけ離れ、何をやらかすか判らない玉手箱のような楽しさが詰まっていた。それだけに94年米国大会でドーピング違反により去っていった時の喪失感は、半端ではなかった。メキシコ大会で文句なしに主役としてスポットライトを独占したスーパースターは、次のイタリア大会ではアンチとして敵役に回り、再び輝きを取り戻したかに見えた米国大会からは追放されて姿を消した。

  マラドーナに同時代のライバルは存在しなかった。常に比較され続けて来たのは、一時代前に王様と崇められたペレ。結審が下ることのない論争は、きっと永遠に続くはずだ。


 生まれながらにボールと友だちだった天才は、きっと最後の最後まで純粋なサッカー小僧だった。たぶんマラドーナは、心の赴くままに人生を歩んできた。だが世の中の方が、無垢な天才を歪めていった。


 ただし多くのファンは、マラドーナの破天荒な生きざまはともかく、そのプレーは何度も見たいと願った。だからこそ彼のような天才を守るためにカードも厳格化され、90年ワールドカップは史上類を見ないほど大量のイエロー、レッドが提示された。


 思えばマラドーナは、いつでもチームの勝ち負けをひとりで背負い込んだ。ナポリは名門クラブではないし、アルゼンチンも大国とは言えない。単独で何人もの相手を翻弄し道を切り拓くから伝説が積み上げられた。


「今の願い? 誰の目も気にせず、妻と娘とゆっくりゴンドラに乗ることだ」


 絶えず喧噪の中にいる天才が、当時洩らした本音である。

 やっとディエゴは安らかな場所に辿り着いた。これからも彼のプレーに感嘆し続けて来た歴史の生き証人たちは、VARなき時代の英雄についてずっと語り続けるはずだ。


文●加部 究(スポーツライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事