なぜモドリッチは35歳で輝きを取り戻したのか? 関係者が証言する名手の素顔「病的なまでに…」【現地発】

なぜモドリッチは35歳で輝きを取り戻したのか? 関係者が証言する名手の素顔「病的なまでに…」【現地発】

2021.1.13 ・ 海外サッカー

シェアする

 昨シーズン、レアル・マドリーがラ・リーガ制覇を果たした夜の出来事だった。一通りの優勝セレモニーが執り行われた後、ルカ・モドリッチはその日の対戦相手だったビジャレアルのサンティ・カソルラと2人でしばらく話し込んだ。


「次に会うのはカタールだ。君が35歳になる頃にはね」


 その時点でビジャレアルを退団する決意を固め、シーズン終了後にカタール(アル・サッド)に新天地を求めたカソルラは、モドリッチに最後にこう告げてロッカールームへと去って行った。


 それからモドリッチは9月に35歳となり、今シーズン限りでマドリーとの契約は満了する。ただ事はカソルラが思い描いている通りに運びそうにない。あまりにも素晴らしいプレーを見せているからだ。


 いくら偉大な選手であっても、モドリッチのような年齢になれば、活躍は散発的にとどまるものだ。しかし今シーズンのプレゼンスはむしろここ数年を上回っている。


 元クロアチア代表で、現在は同チームのスカウトを務めるニコラ・イェルカンも「あの年齢でね。ルカは唯一無二の選手だよ」と驚嘆の声をあげると、さらにこう続ける。


「シャビや(アンドレス)イニエスタもそうだった。年齢を重ねればポジション取りが低くなるものだけど、ルカはそんなところは全くない。前線まで顔を出し、チャンスに絡み続けている。しかもそのプレーを(インテリオールという)要求レベルの高いポジションで成し遂げている。卓越したサッカーIQを活かしながらね」


 親しい知人も同調する。「もう3シーズンはトップレベルでプレーできるだろう。ルカ自身もそのつもりのようだ。毎試合これが最後という強い覚悟を持って臨んでいる。豊富な運動量は健在で、何よりプレーするその姿からサッカーが楽しいという気持ちがみなぎっている」


 モドリッチ自身も「コンディションはいいよ。継続して試合に出ているのがいい。休息を挟むよりも僕には合っている」と語る。


 その意味でプラスに作用したのが、新型コロナウイルスの影響による中断だった。

  モドリッチは2018年にバロンドールを受賞したが、ロシア・ワールドカップも含めたフル稼働の代償で18-19シーズンはコンディション調整に苦しんだ。クラブ側もパフォーマンスの低下を見込んで、昨シーズンから徐々に出場機会を減らす腹積もりでいた。


 それが、「中断期間中はとにかくトレーニングに励んだ。1日も休むことなくね。その成果が出ている」と本人も認めるように、弛まぬ鍛錬が輝きを取り戻させた。


 称えるべきはこの努力だ。「ルカはいつもそうだ。練習、練習、練習。根っからの練習の虫さ」と前出の知人がその節制ぶりを評価すれば、日々間近で接しているチーム関係者も「全体練習の後に2時間はトレーニングルームで汗を流している。病的なまでに食事にも気を配っているしね。そうした常日頃の取り組みが活躍し続ける秘訣なんだ」と証言する。


 モドリッチ自身はこう強調する。「DNI(日本でいうマイナンバーカード)ではなく、パフォーマンスを見てほしい。年齢の話はするのは好きではない」。


 バルデベバス(マドリーの練習場)の周辺ではこんな声が飛び交っている。


「ルカは自分自身がロートルとはこれっぽっちも考えてはいない。過去数年より手応えを感じながらプレーしているようだ」


 カソルラはまだしばらくの間、願望の実現を待つしかなさそうだ。


文●ダビド・アルバレス(エル・パイス紙レアル・マドリー番)

翻訳●下村正幸


※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事