「相手もPKじゃないって言った!」3度のVARに泣かされたリバプール。主将は不可解なジャッジに憤慨!

「相手もPKじゃないって言った!」3度のVARに泣かされたリバプール。主将は不可解なジャッジに憤慨!

2020.11.29 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間11月28日に開催されたプレミアリーグ第10節で、敵地に乗り込んでブライトンと対戦したリバプールは1-1で引き分けた。60分にディオゴ・ジョッタのゴールで先制しながら、後半アディショナルタイム1分に与えたPKを決められ、勝点2を落とした。


 あと一歩で勝利を逃したリバプールにとってやり切れないは、土壇場で与えたPKがVAR判定による微妙なジャッジによるものだったことだ。


 自陣エリア内でルーズボールを処理しに行ったアンディ・ロバートソンのキックが、相手FWダニー・ウェルベックの足に当たってしまったのだが、接触自体はあまり強いものではなく、見逃されていてもおかしくはなかった。


 それまでにモハメド・サラーとサディオ・マネのゴールをそれぞれVARによるオフサイド判定で取り消されていたリバプール。3度もVARによるジャッジに泣かされた選手たちは怒りを覚えている。


 試合後にスポーツ専門放送局『BT Sports』のフラッシュインタビューに応じたキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンは、ファウルを受けたウェルベックが「彼も『あれはPKじゃない』と認めていた」と主張したうえで、一連の判定について疑問を投げかけた。


「今日のVARに関しては、正直言ってわからない。とくに今日は3つ目の判定は理解できなかった。ペナルティーなんかじゃないと思う。それはウェルベックやブライトンの4、5人の選手も、僕にそう答えていた。あのジャッジには本当に困惑させられた。あれじゃ僕らは何もできないよ」

  明確な基準のないVARの介入に関して怒り心頭といった様子のヘンダーソンは、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネが「もう何が正しいルールかが分からない」とコメントしていたことを引き合いに出し、持論を続けている。


「VARを廃止したいか? みんながどう思うかは分からないけど、僕の意見はイエスだ。ただ、いつものようにサッカーがしたいだけなんだ。リプレーは見直したけど、ペナルティーなんかじゃないよ。あれで誰が幸せになるんだい?


 事件に巻き込まれるからあまり言わないようにしてきたけど、デ・ブライネもインタビューで似たようなことを言っているのを見た。『もうルールがわからない』と。本当にその通りで、僕らにとっては大きな問題なんだ。だから、僕の意見ではVARなしでサッカーがしたい。それが本音だよ」


 さらに「毎週ここでこの話をしているような気がするよ……」とも漏らしたヘンダーソン。審判側から明確なルールが提示されないVARの在り方に不満を覚えているようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事