森保ジャパン、アジア王座奪還はならず。カタールが7戦全勝で初優勝を飾る

森保ジャパン、アジア王座奪還はならず。カタールが7戦全勝で初優勝を飾る

2019.2.2 ・ 日本代表

シェアする

日本時間1日、アジアカップ2019 UAEの決勝が行われ、日本代表はカタール代表と対戦。前半12分に得点ランキングトップのアルマエズ・アリにゴールを決められると、前半に2失点。後半、南野のゴールで1点を返すが、吉田がハンドを取られて与えたPKを決められ、3対1で試合終了。日本は攻守にカタールの後塵を拝し、2大会ぶりの優勝は叶わなかった。


勝てば、2大会ぶりの優勝となる日本。スタメンはGK権田修一、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。ダブルボランチに柴崎岳と塩谷司。右に堂安律、左に原口元気、トップ下に南野拓実。ワントップに大迫勇也が入る、4-2-3-1でスタートした。


先手を取ったのは、今大会無失点のカタール。前半12分、要注意のエースストライカー、アルマエズ・アリが左サイドからのパスを受け、胸トラップからオーバーヘッドシュート。鮮やかなシュートでゴールの隅に流し込み、カタールが先制する。


その後もカタールが最終ラインからビルドアップし、リズムを作ると、前半27分にハテムが左足を振り抜き、ゴール左に強烈なシュートを流し込んだ。


2点のビハインドを背負った日本は、カタールの5バック気味の守備を崩すことはできず、逆にカウンターアタックを繰り出されてしまう。


後半に入ると、引いて守るカタール、攻め込む日本という図式が明確に。2点のリードがあるカタールは無理して攻撃に出ず、自陣にブロックを作って日本を迎え撃つ。


後半17分には原口に替えて武藤嘉紀を投入。南野が左サイドに回り、大迫と武藤が2トップを組む。投入直後に武藤がヘディングシュートを放つなど、流れが日本に傾き始める。


そして後半24分、日本がパスを繋いで崩し、南野がGKと1対1の場面で冷静にループシュートを決めて2対1。1点差に追い上げる。


しかし後半37分、吉田がペナルティエリアでハンドを取られ、PKを献上。これをアクラム・アフィフが決めて3対1。カタールが日本を突き放す。


直後、塩谷に替えて伊東純也を投入。後半43分には南野を下げて乾貴士を送り込む。後半44分には柴崎のフリーキックを吉田が頭で合わせるが、ゴールの枠を捉えることはできず。結局、試合はそのままタイムアップ。カタールが日本を下し、初優勝に輝いた。


試合後、森保一監督は「優勝できないことは残念。選手たちは準備のところから成長を掲げながらやってきてくれた。チームとしてやってこれたところは誇りに思う。負けたということは、相手のほうが強かったということ。しっかり分析して、ステップアップできるようにしていきたい」と話した。


大迫は「悔しいです。もっと前半、いいプレーをすべきでした。サポーターの皆さんに申し訳ない気持ちがすごくある。3点目を取られて、厳しい展開にしたのは反省点。この悔しさを次に生かさないといけない」と振り返り、ゴールを決めた南野は「応援してくれた人に申し訳ない。攻撃も前半はうまくいっていなかった」と悔しさをにじませた。


この結果、優勝はカタールとなり、アジアに新たな王者が生まれた大会となった。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事