五輪世代のサバイバルとベネズエラ戦の追試に挑むA代表国内組…E-1選手権の注目点は?

五輪世代のサバイバルとベネズエラ戦の追試に挑むA代表国内組…E-1選手権の注目点は?

2019.12.9 ・ 日本代表

シェアする

 森保ジャパンとしての2019年最後の活動となるEAFF E-1選手権(韓国)が明日10日から開幕する。今年はアジアカップ(UAE)準優勝から始まり、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選、前半戦4連勝と公式戦ではある程度の結果を残したものの、主力固定が目立ち、チーム底上げの成果は乏しかったと言わざるを得ない。直近の11月のベネズエラ戦(大阪)で1-4の大敗を喫するなど先行きが不安視される状況だけに、東アジアのライバル国との真っ向勝負を制して、年内をいい形で締めくくることが重要だ。



 森保一監督が集合初日の8日に「A代表国内組とU-22世代の融合」を掲げた通り、今回はこれまで一緒に活動する機会の少なかった両者が一体感を持って戦うことがまずは求められる。6月のコパ・アメリカ(ブラジル)と似たようなチーム構成ではあるものの、あの時は準備期間がより長く、川島永嗣(ストラスブール)や岡崎慎司(ウエスカ)らベテランもいて融合が進みやすかった。今回、川島らの役割を果たさなければいけないのが、2017年のE-1選手権に参戦している大島僚太(川崎)や井手口陽介(G大阪)だろう。


 とりわけ大島は2018年ロシア・ワールドカップを経験した唯一のフィールドプレーヤー。その後はケガが重なり、代表活動に参加するチャンスは少なかったが、今回は紛れもなく主軸になるはず。ここまで森保監督に重用されてきた佐々木翔(広島)や三浦弦太(G大阪)、畠中槙之輔(横浜)、橋本拳人(FC東京)らとともに強固な結束を作り上げていく必要がある。

 佐々木や畠中、橋本、鈴木武蔵(札幌)らベネズエラ戦に先発した面々にしてみれば、今大会は真価が問われる部分が少なくない。球際や寄せ、対人のところで負け続けた先月の一戦と同じようなパフォーマンスを見せていたら、来年以降はU-22世代に取って代わられてしまう。それを回避するためにも、今回はA代表生き残りをかけて挑むしかない。


 今季Jリーグで出色の活躍を見せ、MVPと得点王をダブル受賞した仲川輝人(横浜)も大いに注目すべき存在。彼のポジションには堂安律(PSV)や久保建英(マジョルカ)らタレントがひしめくだけに、ここで傑出した存在価値を示すことが今後の代表定着に直結する。


「中国や韓国は体格的にも激しさでもJリーグ以上。そこで負けないように自分のプレーを出していかないといけない」と本人も意気込みを新たにする。初代表でいきなり10番という期待値の高さを結果につなげられれば理想的だ。 一方のU-22世代は、年明けのU-23アジア選手権(タイ)へのサバイバルという色合いが強い。森保監督は今回と28日のU-22ジャマイカ戦(長崎)でメンバー絞り込みを行なって、アジアの覇権を争う大会に参戦する意向だからだ。ここで生き残れなければタイ行きもないし、来夏の東京五輪本番の確率もグッと下がる。それを強く認識したうえで、今回のE-1選手権を戦うことが求められるのだ。


「思い出作りに行くつもりはさらさらない。A代表生き残りの最後のチャンスだと思って戦います」と今季J1優勝メンバーのひとりで勢いに乗っている遠藤渓太(横浜)も語気を強めたが、そういう覚悟のある選手が何人いるのか。そこが今、改めて問われる。


 コパ・アメリカ参戦組の大迫敬介(広島)や上田綺世(鹿島)は現段階で一歩リードと言っていい状況だが、U-22代表を含めて森保ジャパン招集回数の少ない森島司(広島)や田川亨介(FC東京)などは、この千載一遇のチャンスを掴まなければ未来は開けてこない。


「ここで呼んでもらったのは有難い。ハードワークしてどんどん前から守備をすることだったり、裏に抜ける仕事、前で起点になる動きと自分のストロングをどんどん出したい」と、田川は同じFWの上田や小川航基(水戸)に挑戦状を叩きつけるつもりだ。

 A代表国内組がズラリと並ぶDF陣の一角に加わった渡辺剛(FC東京)も「自分はいまの代表にいるセンターバックとは違うタイプ。激しく泥臭くつぶしに行ける強みをどんどん出して、アグレッシブにやっていきたい」と目を輝かせた。


 こういった積極性を若い世代が強く押し出してくれれば、停滞感が漂っていた森保ジャパンにも新たな活力が生まれる。ベネズエラ戦で失いかけた代表への信頼を取り戻すためにも、U-22世代の台頭に大きな期待を寄せたいところだ。


取材・文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事