中国のラフプレーに悩まされるも鈴木、三浦のA代表初ゴールで日本がE-1初戦勝利

中国のラフプレーに悩まされるも鈴木、三浦のA代表初ゴールで日本がE-1初戦勝利

2019.12.11 ・ 日本代表

シェアする

10日、『EAFF E-1 サッカー選手権』初戦が韓国の釜山で行われ、日本代表が中国代表と対戦。日本は鈴木武蔵、三浦弦太のゴールで2対1で勝利を収め、初戦で勝点3を手にした。


国内組で臨むE-1選手権。スタメンはGK中村航輔、最終ラインは右から畠中槙之輔、三浦弦太、佐々木翔。ダブルボランチに橋本拳人と井手口陽介。右に橋岡大樹、左に遠藤渓太。2シャドーに鈴木武蔵、森島司。ワントップに上田綺世が入る、3-4-2-1でスタートした。


日本の最初のチャンスは前半17分。井手口が蹴ったフリーキックのボールがファーサイドに流れ、畠中がダイレクトで合わせるが、シュートはゴールポストを直撃した。


その後、中国のラフプレーに手を焼きながらも、3バックを中心に攻撃を跳ね返すと、前半29分に先制点が生まれる。


左サイドで縦パスを受けた上田がヒールで落とすと、そのボールに反応して抜け出した森島が、中央へグランダーのパスを送る。走り込んだ鈴木がDFと競り合いながらダイレクトで蹴り込み、先制ゴールを奪った。


後半8分、日本は中国にパスを繋がれて崩されると、ファーサイドに走り込んだ右サイドバックの明天がシュートを打つ。強烈な弾道のボールはクロスバーを直撃した。ゴールにはならなかったが、肝を冷やした場面だった。


その後の日本は遠藤、上田が積極的にボールを引き出してチャンスを作ると、後半25分、井手口が蹴ったコーナーキックのボールを三浦が頭で合わせて2点目。中国を突き放す。


直後の27分には、先制ゴールの鈴木に替えて、田川亨介を投入。後半39分には橋岡を下げて、相馬勇紀を送り込んだ。


後半45分には、右からのクロスを中国の菫がヘッド。GK中村が手を伸ばして触ったが、ゴールポストにあたってゴールイン。1点差に詰め寄られてしまう。


終盤に1点を返された日本だったが、最後まで追加点を許さず、2対1で勝利。初戦で勝点3を手にした。


試合後、森保一監督は「練習する時間がなく、Jリーグが終わってタフな戦いになったが、チームとしてよく頑張ってくれた」と振り返り、先制ゴールの鈴木は「(点が)とれてほっっとした。残り2試合、日本の誇りをかけてしっかり戦っていきたい」と語った。


日本の次の相手は香港。試合は14日(土)19時より、フジテレビで生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事