e大阪ダービーを制した加地に相対するのはなでしこジャパンの絶対的エース・岩渕真奈。eスポーツだからこそできる男女のガチ対決に注目!

e大阪ダービーを制した加地に相対するのはなでしこジャパンの絶対的エース・岩渕真奈。eスポーツだからこそできる男女のガチ対決に注目!

2020.5.8 ・ 日本代表

シェアする

播戸竜二とのe大阪ダービーを制した加地に挑戦するのはなでしこジャパン不動のエース、岩渕真奈だ。実際のサッカーであればどうしても体格とフィジカルの差があるため男女がフラットな状態で競い合いことは難しいが、eスポーツなら話は別。また、第1試合はゲーム経験の差がはっきり結果に出る形になったが、岩渕はサッカーゲームはプロサッカー選手である兄とかなりやっていたそうで、その点でも拮抗した戦いを見ることが出来ずはずだ。


#STAYHOME(ステイホーム)特設サイトで全6試合を配信

もう一つのポイントはチームのチョイス。eスポーツの公式戦では選手の能力値などを同じレベルにし、可能な限り公平な環境でプレイするが、今回は各選手の能力値は初期設定のままなので、選んだクラブによっては大きな力の差が出ることになる。加地はこの試合、長く在籍したガンバ大阪をチョイスしたが、岩渕が選んだのはリバプール。加地は自らの経験で欧州王者でも封じ込めると踏んだのかもしれないが、この選択がどう出たかは本編でご確認頂きたい。


サッカー選手のeスポーツでのプレイを見ていて感じるのが、やはりサッカーでのプレイスタイルが薄っすらとだが、ビデオゲームの中でも現れる点だ。加地はしっかり組み立てサイドからチャンスを作ろうという意図が感じられたが、1試合目の播戸はFWらしくシュートを打つことでリズムを作ろうしていたし、岩渕はペナルティエリアでの細かい動きで違いを作ろうとしているように感じられた。サッカーファン的にはそのような視点で見るのも面白いはずだ。


#STAYHOME(ステイホーム)特設サイトで全6試合を配信

© 2020 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS and the EA SPORTS logo are trademarks of Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product. © FIFA and FIFA's Official Licensed Product Logo are copyrights and/or trademarks of FIFA. All rights reserved. Manufactured under license by Electronic Arts Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.

シェアする

最新記事