1年ぶりの代表戦、貴重な強化試合はなでしこジャパンが7得点でパラグアイに完勝

1年ぶりの代表戦、貴重な強化試合はなでしこジャパンが7得点でパラグアイに完勝

2021.4.9 ・ なでしこ

シェアする

4月8日、東京五輪を控えたなでしこジャパンが、宮城県のユアテックスタジアム仙台でパラグアイ女子代表と対戦。試合は自力に勝るなでしこが大量7ゴールを奪って完勝。1年ぶりの代表戦を白星で飾った。


東京五輪まで3ヶ月半。本番に向けて貴重な強化試合のスタメンは、GK池田咲紀子、最終ラインは右から清水梨紗、宝田沙織、南萌華、鮫島彩。ダブルボランチにキャプテンマークを巻いた中島依美と三浦成美。右に北村菜々美、左に杉田妃和。2トップに岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4-4-2でスタートした。


開始から、主導権を握ったのはなでしこ。前半5分には杉田のクロスボールを岩渕が競り合い、こぼれ球を南が右足で蹴り込み、先制ゴールを奪った。


前半26分、攻撃の手を緩めないなでしこは、中央をショートパスで割って入ると、ゴール前で受けた岩渕が相手と交錯しながら右足で押し込み、2点目をあげる。


前半36分には、杉田が倒されて得たフリーキックを中島が蹴り、岩渕が頭で合わせたボールがパラグアイの選手に当たってゴールイン。3点目を決め、試合を決定づけた。


後半7分には岩渕、三浦とつなぎ、菅澤が右足ダイレクトで合わせて4点目。昨シーズンのなでしこリーグ得点王&MVPを獲得した菅澤のゴールで、4対0にリードを広げた。


さらに後半18分には、宝田のロングキックをパラグアイのGKが目測を誤り、頭上を超えたボールを岩渕が押し込み5点目。貪欲にゴールを狙う姿勢が生んだ得点だった。


後半21分には菅澤、岩渕、北村に替えて、浜田遥、田中美南、籾木結花を一度に投入。途中出場の田中、籾木の“元ベレーザコンビ”でパラグアイ守備陣を攻略し、シュートに持ち込む場面が何度となく見られたが、なかなかゴールを奪うことができない。


後半35分にはボランチの三浦に替えて、スウェーデンのAIKでプレーする林穂之香を送り込んだ。直後に浜田、中島と連続して強烈なシュートを打つが、GKの好セーブに遭い、ゴールはならなかった。


後半40分、縦横無尽の活躍を見せた杉田に替えて、木下桃香を投入。そして後半アディショナルタイム。籾木が得意の左足を振り抜き、6点目を奪うと、直後に田中がヘディングでゴールに流し込み、ゴールラッシュを締めくくった。


試合後、高倉麻子監督は「選手たちは攻守ともに狙った事を出そうとファイトしてくれた。やろうとしたことは表現できたが、フィニッシュが課題」と冷静に振り返った。


なでしこジャパンは11日(日)、東京・国立競技場でパナマ女子代表と試合を行う。試合は13時30分キックオフ。日本テレビ系列で全国生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事