猶本光のキックが絶品!浦和レディースの命運を握るチャンスメーカーに注目

猶本光のキックが絶品!浦和レディースの命運を握るチャンスメーカーに注目

2021.9.21 ・ なでしこ

シェアする

 三菱重工浦和レッズレディースは9月20日、WEリーグ2節でノジマステラ神奈川相模原と対戦し、2-0で勝利を収めた。開幕から2連勝で、暫定首位に立っている。



 N相模原戦で目立っていたのが、背番号8の猶本光だった。


 左サイドハーフで先発したこのMFは、試合を通して素晴らしいキック精度を披露する。


 最大のハイライトは10分。鋭いCKをゴール前に供給し、高橋はなのヘディングでのゴールを演出。高橋からは「ヒカルさんが良いボールを入れてくれて、触るだけでした」とその質を絶賛されるほどの絶妙なアシストだった。


 後半にも、47分には南萌華の、56分には菅澤優衣香のヘディングをお膳立てし、57分には再び南の決定的なシュートチャンスを作り出した。相手にとっては脅威だったに違いない。

  さらに特筆したいのは、利き足の右足だけでなく、左足も遜色ないと言っていいくらいのクオリティである点だ。


 前述した47分の決定機は左足でのクロスだった。右足でのCKが一度はね返されたものの、左足に持ち替えて、ドンピシャのクロスを送っているのだ(26分の左足のシュートもポストに阻まれたものの強烈だった)。


 今季の浦和は「チームでセットプレーで今年はもっと点を取ろうと話をして、結構練習でもやっている」(高橋)という。


 今後、セットプレーやクロスでの得点がますます増えそうだ。その命運を握るチャンスメーカーに注目したい。


取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事