【クラシコ採点&寸評】バルセロナ1-2R・マドリー|“白い巨人”の3人を7点台に! MOMは鮮烈先制弾の「バルサキラー」を選出

【クラシコ採点&寸評】バルセロナ1-2R・マドリー|“白い巨人”の3人を7点台に! MOMは鮮烈先制弾の「バルサキラー」を選出

2021.10.25 ・ 海外サッカー

シェアする

[ラ・リーガ第10節] バルセロナ1-2R・マドリー/10月24日/カンプ・ノウ


【バルセロナ|採点・寸評】

チーム 5.5

マドリーが特段良い試合をしたわけではない。ベンゼマはチャンスを決められず、ヴィニシウスも後半はやや尻すぼみだった。それでも先制された後は、反撃の機運は高まらず、ズルズルと時間が経過するだけだった。


[GK]

1 マルク=アンデル・テア・シュテーゲン 5.5

1点目はアラバのシュートを称えるべきで、2点目は結果的にゴールを割られたとはいえ、アセンシオの強烈なシュートに素早く反応した。しかし、かつての圧倒的な存在感は失われたままだ。


[DF]

22 オスカル・ミンゲサ 5.5(46分OUT)

オープンスペースでヴィニシウスが相手だと分が悪かった。懸命に対応しようする姿勢は見えたが、ブラジル代表FWの判断ミスにも助けられた面もあり、前半限りで交代した。


24 エリク・ガルシア 5.5

果敢にドリブルで攻め込んで攻撃の起点となった。守備では61分にモドリッチのシュートを阻止するなど光るプレーはあったが、2失点目は反応が遅れた。


3 ジェラール・ピケ 5.5

ビルドアップでE・ガルシアに主役の座を譲り、守備でも特筆すべきプレーはなかった。DFリーダーとして存在感は希薄だった。


18 ジョルディ・アルバ 6.5

デパイがL・バスケスを引き付けて、その空いたスペースを突くという形から再三オーバーラップ。左サイドからの攻撃は一番の脅威になっていた。

 [MF]

5 セルヒオ・ブスケッツ 6.5

ガビのサポートも得て、何本か“らしい”パスを前線に供給し、守備でも“らしい”インターセプトを連発した。バルサの中ではMVP評価。


30 ガビ 6(85分OUT)

持ち前のエネルギッシュさを失わず、ブスケッツを攻守にわたりサポート。精度を欠く場面もあったが、そのパスは常に明確な意図が感じられる。


21 フレンキー・デヨング 5(77分OUT)

決して全開とはいえなかったマドリーの中盤を向こうに回し、組み立て役を担えず、最終局面でもパスの精度を欠いた。ペドリが復帰すると、レギュラーの座も安泰とはいかないかもしれない。


[FW]

2 セルジ―ニョ・デスト 5.5

前半は右ウイング、後半は右SBをこなし、後半ロスタイムに高い守備力を誇るメンディを巧みにかわしてアグエロの得点をお膳立てした。だが、絶好機でシュートをふかした24分のプレーは、試合の趨勢を決めたと言っても過言ではないほど痛恨だった。


10 アンス・ファティ 6(74分OUT)

ファルソ・ヌエベ(偽の9番)として前線を幅広く動き回ったが、相手の分厚い守備に苦しみチャンスは限られた。ゴール前で強引にシュートを放ち、スタンドプレーに走りがちな面も。アグエロと交代で74分にベンチに下がった。


9 メンフィス・デパイ 6

持ち前の素早いターンから巧みなボールコントロールを駆使して、ゴールに迫った。違いを作り出せなかったが、孤立気味になる中、24分にビッグチャンスを創出するなど攻撃を牽引し続けた。

 [交代出場]

MF

14 フィリッペ・コウチーニョ 5.5(46分IN)

後半開始と同時にトップ下に入ると、パスワークの流れを円滑にして貢献を見せた。ただ悪く言えばそれだけで、現状の姿を浮き彫りにするプレー内容だった。


FW

19 セルヒオ・アグエロ 6.5(74分IN)

巧みなボレーシュートで移籍後初ゴールをマーク。終了間際で勝敗には影響しなかったが、健在ぶりをアピールした。バルサにとっては数少ない収穫の一つに。


MF

20 セルジ・ロベルト ―(77分IN)

F・デヨングとの交代で中盤の一角としてプレーした。


FW

19 ルーク・デヨング ―(85分IN)

84分に投入され、最前線でプレーも見せ場なし。アグエロの初ゴールで今後の立場は厳しいものに。


【監督】

ロナルド・クーマン 5.5

コンパクトネスを高め、ブスケッツのへのサポートを強化するとともに、両CBのポジションの入れ替え、ファティの偽9番起用など打てる手は打った。それでも勝利に導けなかったのは、マドリーとの戦力差とも関係がある。


文●下村正幸


※MAN OF THE MATCH=この試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。【レアル・マドリー|採点・寸評】

チーム 7

慎重な序盤を経て、32分に逆襲からアラバ、ヴィニシウス、ロドリゴと渡り、最後は攻め上がっていたアラバが丁寧かつ強烈なシュートで先制。以降も相手のハイプレスを手練れのテクニシャンたちがいなし、終盤には再びカウンターから、途中出場のアセンシオが打ったシュートのこぼれ球をルーカス・バスケスが詰めた。後に1点を返されたが、敵地でのクラシコに見事な勝利を収めた。


[GK]

1 ティボー・クルトワ 6.5

セーブの機会はあまりなかったが、ボックス内のボールに落ち着いて対処。素早いディストリビューションから逆襲に繋げたシーンも。


[DF]

17 ルーカス・バスケス 7

トラップやフィードにミスも見られたが、尻上がりに好影響を及ぼすように。2点目のシーンでは、右から中に入ってクロースのパスを引き出し、ダイレクトで前に繋ぎ、最後は自らスライディングで押し込んだ。


3 エデル・ミリトン 6

相手のエース候補ファティに洗礼を浴びせるような厳しいマーク。25分にはデパイに剥がされて大ピンチを招き、肝を冷やしたはず。


MAN OF THE MATCH

4 ダビド・アラバ 7.5

初出場のクラシコで大仕事。自ら球を奪い、繋いで駆け上がり、ボックス際で受け、ゴールをよく見て左足の見事なシュートで先制した。高精度フィードもさすが。バイエルン時代を含め、これでバルセロナに4戦4勝。


23 フェルラン・メンディ 6

ヴィニシウスを巧みにサポートしつつ、非凡なキープ力やドリブルも披露。守備時には、しつこい球際の対応や体ごとのブロックが光ったが、失点シーンではクロスを上げられた。

 [MF]

14 カゼミーロ 6.5

ブスケッツを追いかけていたかと思えば、次のシーンではデパイを止めるなど、広範囲をカバーしてピンチの芽を摘んだ。シュートブロックでゴールも死守。


10 ルカ・モドリッチ 6.5

両軍を通じて最年長の選手が今季初のフル出場で勝利に貢献し、喜びを爆発。巧みにプレスをかわし、パスとドリブルを適宜に使い分け、局面を優勢に進めた。


8トニ・クロース 6.5

序盤に対峙する17歳のガビを削り、クラシコの厳しさを教え、以降を優位に。重さとコースが完璧なパス、勘所を抑えたゲームメイクなど、ハイレベルなプレーを淡々とこなす。

 [FW]

21 ロドリゴ 6.5 (72分OUT)

規律ある動きで敵の生命線のサイドを封じる役割を全う。どんな状況にも慌てず、先制点のシーンでは、フリーのアラバにラストパスを送った。


9 カリム・ベンゼマ 6

得点に直接関与することはなかったが、タイミングよく顔を出して、ボールを循環させた。胸トラップによるつなぎや、高精度のサイドチェンジも。


20 ヴィニシウス・ジュニオール 7(87分OUT)

まさしく逆襲の急先鋒に。軽やかな身のこなしと群を抜くスキルで、敵を翻弄し続けた。20分には股抜きと急転換で突破したところを倒されたが笛は鳴らず。先制点の右への展開も秀逸だった。

 [交代出場]

MF

15 フェデリコ・バルベルデ 6(72分IN/92分OUT)

ロドリゴと代わり、そのまま右ウイングに入るも、役割はより守備的で、最終ラインの右の大外を埋めることも。ピケと空中戦で交錯し、着地時に左足を負傷して最終盤に交代。


MF

11 マルコ・アセンシオ 6.5(87分IN)

追加タイムにカウンターからスピード満点のドリブルで持ち上がり、強烈なシュート。そのこぼれ球をL・バスケスが詰めた得点が、結果的に決勝点となった。


DF

2 ダニエル・カルバハル ─(92分IN)

負傷したバルベルデに代わって投入され、L・バスケスが上がり、自らは右SBに。直後に追加点が生まれ、さらにその後に失点もあったが、本人は無難に職務をこなした。


監督

カルロ・アンチェロッティ 7

連敗を脱したシャフタール戦のメンバーと形をそのまま採用したが、より逆襲の狙いを強めた。アラバやモドリッチらが低めから高精度フィードで両翼(特に好調のヴィニシウス)を走らせる手法で敵を悩ませた。交代も手際良く、理にかなったもので、途中出場の選手も活躍した。


文●井川洋一


※MAN OF THE MATCH=この試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事