日本が韓国に3−0快勝!相馬、藤田、町野らJリーグ勢が躍動しE-1王者に輝く

日本が韓国に3−0快勝!相馬、藤田、町野らJリーグ勢が躍動しE-1王者に輝く

2022.7.28 ・ 日本代表

シェアする

27日、EAFF E-1 サッカー選手権 2022の最終節が、愛知県の豊田スタジアムで行われ、日本代表が韓国代表と対戦。試合は相馬勇紀の1得点1アシストの活躍により、3対0で完勝。日本が4大会ぶり2度目のE-1王者に輝いた。


2試合を終えて、日本は勝ち点4、韓国は6。優勝のために勝利が必要な日本のスタメンは、GK谷晃生、最終ラインは右から小池龍太、キャプテンマークを巻いた谷口彰悟、畠中槙之輔、佐々木翔。ダブルボランチに岩田智輝と藤田譲瑠チマ。右に水沼宏太、左に相馬勇紀、トップ下に西村拓真。ワントップに町野修斗が入る、4-2-3-1でスタートした。


優勝のために、勝つしかない日本。開始直後に町野が強烈なシュートを放つなど、攻撃的な姿勢を見せる。


前半19分には相馬が左サイドをドリブルで突破し、シュートを打つ。これはクロスバーに当たったが、あわやゴールの場面だった。


前半33分には町野がコーナーキックを直接狙い、GKが弾いたボールを水沼が右足でダイレクトボレー。これはGKの正面を突いた。


後半に入っても、日本が攻め、韓国が守る図式は変わらない。開始直後には、藤田を起点に岩田、町野とつなぎ、西村がシュートを打つが、GKにストップされた。


そして後半4分、藤田の鮮やかなループクロスから、ファーサイドに走り込んだ相馬がヘディングシュート。渾身の弾道でゴールに突き刺し、待望の先制点を奪った。


後半11分には岩田がインターセプトから攻め上がり、マイナスの折り返しにダイレクトでシュートを打つが、ゴール左。1点リードした日本の攻撃に躍動感が出始める。


後半14分には水沼に替えて、宮市亮を投入。そして後半19分、相馬のコーナーキックを佐々木が頭で叩き込み、2点目。日本がリードを広げた。


後半27分には、西村のスルーパスに抜け出した小池が中央に折り返し、町野がダイレクトで合わせてゴール。3点目を決め、試合を決定づけた。


後半32分には、韓国がペナルティエリア内で強烈なシュートを打つが、GK谷が素晴らしい反応でストップ。ゴールを割らせない。


後半33分、西村、宮市に替えて、脇坂泰斗、森島司が入った。後半38分には藤田がドリブルで持ち上がり、ミドルシュートを打つなど、攻撃の手を緩めない。


後半42分には藤田、相馬に替えて、橋本拳人、満田誠を送り込む。その満田が積極的なプレスで守備の強度を高めるとともに、最終ラインも落ち着いて対応。韓国に決定機を作らせず、3対0で試合終了の笛が鳴った。


4大会ぶり2度目の優勝を果たした日本。大会MVPに相馬、得点王には3得点の相馬と町野が選ばれた。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事

おすすめ動画