本来の姿を垣間見せた「飛び道具」永井謙佑

本来の姿を垣間見せた「飛び道具」永井謙佑

2015.8.10 ・ 日本代表

シェアする

中国戦のスタメンを見た時、正直なところ首をかしげた。北朝鮮戦、韓国戦で目立った活躍のなかった永井謙佑が、同じように右サイドのアタッカーとして名を連ねていたからだ。


実際、この日の前半も永井が決定機に絡むシーン、チャンスメイクするシーンにはお目にかかれていない。右サイドDF裏のスペースに走りこむ選手を「永井か?」と思ってみると武藤だった、というようなことも度々あった。


だが、後半、憑き物が取れたかのように別人の動きを見せた。DFラインの裏を取ると、永井は本当に一瞬のうちにペナルティエリア目前まで移動している。ボールタッチが乱れてしまったが、中国DFが追うのを諦めてしまうほどのスピード。相手がGKとDFがボールを回しているところにチェイシングし、武藤の決定的なシュートにつなげたシーンなどは、普通の選手ではあり得ないチャンスメイクである。


調子が出てきたところで交代となってしまったのは残念だったが、求められている動きをついに出せた感はあった。細かいミスを気にせず、愚直に走るのが彼らしいし、相手チームからすれば恐ろしいプレイとなることを再確認できた。日本にとって貴重な「飛び道具」と言える選手である。


シェアする

最新記事