なでしこジャパン、中島依美と田中美南のゴールで強豪スイスから完封勝利

なでしこジャパン、中島依美と田中美南のゴールで強豪スイスから完封勝利

2017.10.23 ・ なでしこ

シェアする

22日、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は『MS&ADカップ2017』でスイス女子代表と対戦。激しい雨が降りしきる中で行われた試合は、なでしこが途中出場の中島依美、田中美南のゴールで勝利。体格に優れた相手にパスワークで対抗し、欧州勢相手に勝利を手にした。


12月に『EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会』を控え、貴重なテストマッチの場となるスイス戦。スタメンGKは池田咲紀子、最終ラインは右から鮫島彩、熊谷紗希、宇津木瑠美、万屋美穂。ダブルボランチに阪口夢穂と中里優。右に櫨まどか、左に籾木結花、トップ下に長谷川唯。ワントップに横山久美が入る、4-2-3-1でスタートした。


台風の影響で激しい雨が降り注ぐ長野Uスタジアム。なでしことスイスの平均身長は10cm以上あり、立ち上がりから体格の差を見せつけられる。前半5分、左からのコーナーキックを182cmのシュティールリが頭で合わせるが、わずかにゴール右。なでしこにとってヒヤリとする場面だった。


前半15分には長谷川の絶妙なパスを受けた籾木が落とし、櫨が右足で狙うがDFが体に当ててブロック。前半18分にも櫨がペナルティエリアの外で反転し、左足を振り抜く。DFに当たってコースが変わったボールは、GKがかろうじてブロック。櫨の積極的なプレーもあり、流れが徐々に傾き始める。


後半から、籾木に替えて中島依美を投入。中島は右サイドに入り、櫨がトップ下へ移行。選手を変えて、攻撃のリズムに変化をつけようと試みる。


後半4分、なでしこが決定機を迎える。横山が得意のドリブルで持ち上がり、ペナルティエリアの外から右足を振り抜く。シュートはわずかにゴールの上に外れたが、長野への凱旋試合となった横山のプレーで、駆けつけたサポーターを沸かせる。


後半14分には横山を下げ、2年連続なでしこリーグ得点王の田中美南、後半17分には宇津木に替えて、三宅史織を投入。そして後半24分、なでしこジャパンがスイスゴールをこじ開ける。櫨がゴール前へ絶妙なスルーパスを通すと、中島がシュート。一度は防がれたが、こぼれ球を自ら押し込んだ。


先制点で勢いに乗るなでしこ。後半30分には左サイドで攻守に奮闘した長谷川に替えて、7ヶ月ぶりの代表復帰となる岩渕真奈を投入。後半39分には岩渕が絶妙なラストパスを田中に通すが、コントロールが流れてシュートは打てず。岩渕が高い個人技を披露し、攻撃を牽引し始める。


後半41分、得意のドリブルでチャンスを作った櫨に替えて、昨年のU-20W杯得点王、上野真実を投入。42分には、田中のパスを受けた岩渕が絶妙なハーフターンで相手を出し抜くと、左足でシュート。GKの好守に阻まれるが、質の高いプレーでチャンスを作り出す。


そして後半アディショナルタイム。中島のパスに抜け出した田中が追いすがるDFを振り切り、右足で強烈なシュートを突き刺して2点目。直後、試合終了のホイッスルが鳴り、なでしこジャパンが2対0で完勝。豪雨の中、詰めかけたサポーターに勝利をプレゼントした。


試合後、高倉麻子監督は「なかなかテンポが上がらず、アグレッシブな攻撃ができなかったことは課題だが、勝ち切れたことは良かった」と安堵の表情。2点目を決めた田中は「途中出場だったので、点でチームを助けたい思いが結果に現れて良かった。FWなので結果をとれたことはすごく大きい」と笑顔を見せた。


『MS&ADカップ2017』に勝利したなでしこジャパン。次の試合は12月に千葉で行われる『EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会』となる。韓国、中国、北朝鮮というアジアのライバルとの試合に向けて、なでしこジャパンの戦いは続く。

シェアする

最新記事