【ハイライト動画】開催国日本の優勝ならず…なでしこジャパンは北朝鮮に0−2完敗

【ハイライト動画】開催国日本の優勝ならず…なでしこジャパンは北朝鮮に0−2完敗

2017.12.16 ・ なでしこ

シェアする

15日、サッカー女子日本代表“なでしこジャパン”は『EAFF E-1 サッカー選手権2017決勝大会』(千葉/フクダ電子アリーナ)で、朝鮮民主主義人民共和国女子代表と対戦。優勝のために勝利が必要ななでしこジャパンだったが、北朝鮮の堅い守備の前に攻撃が沈黙。後半、立て続けに2ゴールを決められて、0対2で敗戦。2大会ぶりの優勝はならなかった。


優勝には勝利が絶対条件のなでしこ。スタメンはGK池田咲紀子、最終ラインは右から高木ひかり、三宅史織、鮫島彩、宇津木瑠美。ダブルボランチに隅田凛と阪口夢穂。左サイドハーフに籾木結花、右サイドに櫨まどか。2トップに田中美南と岩渕真奈が入る4-4-2で臨んだ。


前半は北朝鮮がボールを支配しながら攻め込むが、なでしこもGK池田を中心に組織的な守備で対抗。奪ったボールをボランチの阪口を中心に展開し、2トップの田中、岩渕にパスを供給する。


なでしこのチャンスは前半21分、宇津木のクロスに岩渕が飛び込み、頭で合わせる。これはGKの足に当たり、ゴールはならなかったがオフサイドの判定。直後の23分には田中がペナルティエリアの外から左足を振り抜くが、わずかにゴール右に逸れた。


その後は両チームとも最終ラインが持ちこたえ、決定機を作るには至らない。後半16分にはコーナーキックから北朝鮮のキム・ユンミにヘディングシュートを打たれるが、GK池田がブロックする。直後の後半17分、岩渕に替えて中島依美を投入。今大会、1得点1アシストと結果を残している中島を入れ、攻撃に変化をつけようと試みる。


しかし後半20分、なでしこが一瞬のスキを突かれ、ゴールを許してしまう。ペナルティエリアの外でボールを受けたキム・ユンミが阪口を鮮やかなボールコントロールでかわすと、左足を振り抜き、強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。


同点に追いつきたいなでしこ。前線の中島、籾木、田中がポジションを変更し、ゴールに迫ろうとするが、北朝鮮の強固な4バックの前にシュートチャンスを作り出すことができない。そして後半37分、北朝鮮に2点目を叩き込まれてしまう。右サイドの突破を許すと、中央に送られたクロスに対し、ファーサイドに走り込んできたリ・ヒャンシムが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左に流し込んだ。


直後、なでしこは右サイドバックの高木に替えて、FW菅澤優衣香を投入。3-5-2にシステムを変更し、優勝に必要な3点を奪うために攻撃に出る。さらに後半43分には、籾木を下げて中里優を入れ、最後の交代カードを切る。


後半45分には菅澤のポストプレーから櫨がシュートを打つが、ゴールの枠を大きく外れた。アディショナルタイムの4分が経過しても、決定機を作ることができないなでしこ。結局、最後まで効果的な攻撃の形を作ることはできず、0対2で試合終了の笛を聞いた。


試合後、高倉麻子監督は「試合の入りは良くボールが動いていて、自分たちの狙いが表現できたゲームになった。シュートまで行けず、後半、点を取りに行く中でバランスが崩れて失点しまった」と振り返り、大会を通じては「真剣勝負の中で、ゲームの流れ、プレーの判断のところでゲームが変わることが実感できたと思う。点を取らないと勝負に勝てない。うまさ、強さ、速さをつきつめていかないと、中途半端なチームになってしまう。まだまだ足りないと受け止めて、みんなで取り組んでいきたい」と悔しさをにじませた。


この結果により、優勝は北朝鮮(勝点9)、2位が日本(同6)、3位中国(3)、4位韓国(同0)となった。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事