なでしこジャパン、岩渕がスーパーゴール決めるもミス連発でスペインに完敗

なでしこジャパン、岩渕がスーパーゴール決めるもミス連発でスペインに完敗

2020.3.6 ・ なでしこ

シェアする

日本時間6日、アメリカ遠征中のなでしこジャパンがシービリーブスカップ初戦でスペイン女子代表と対戦。攻守に後手を踏むなでしこは1対3で敗戦し、厳しい黒星スタートとなった。


スペイン、アメリカ、イングランドと対戦する、シービリーブスカップ。初戦のスタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、遠藤純。ダブルボランチに杉田妃和と三浦成美、右に池尻茉由、左に中島依美。2トップに岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4-4-2でスタートした。


先制したのはスペイン。前半8分に右サイド、中央とパスをつなぎ、ファーサイドのプデジャスが押し込みゴール。その後もスペインがピッチを広く使ってボールを保持し、リズムを作り始める。


なでしこのチャンスは前半14分、岩渕のスルーパスに菅澤が抜け出してシュート。GKのファインセーブに遭い、ゴールはならなかったが、惜しい場面だった。


そして前半終了間際、岩渕のスーパーゴールで同点に追いつく。前半44分、清水のクロスボールに岩渕が走り込んで右足で合わせ、ゴールに流し込んだ。


後半に入ると、遠藤、菅澤に替えて、なでしこリーグ4年連続得点王の田中美南と宮川麻都を投入。しかし後半3分、熊谷のパスを奪われると、GK山下がかわされ、L・ガルシアがシュート。ゴールに流し込み、スペインが勝ち越しに成功する。


攻撃のリズムを作りたい日本は、後半12分に池尻を下げて籾木結花を投入。後半19分にはセンターバックの南に替えて、三宅史織を送り込んだ。


後半30分、スペインはL・ガルシアが最終ラインの裏へ抜け出してシュートを打つが、GK山下がシュートストップ。追加点を許さない。


後半32分、岩渕に替えて上野真実を投入。しかし33分にはL・ガルシアが熊谷、GK山下をかわして無人のゴールにシュートを流し込み、なでしこを突き放す。


後半37分には籾木がディフェンスラインの裏に送ったボールに対し、田中が右足でボレーシュート。昨シーズンまで日テレ・ベレーザでチームメイトだった、籾木、田中のホットラインでシュートまで持ち込んだ場面だった。


直後の39分にも籾木がカットインからシュートを放つなど、ゴールに迫り始める。後半45分には田中がドリブルで持ち込み、シュートを打つが、GKにストップされた。


終了間際に良い形を作ったなでしこだったが、後半はゴールを奪うことができず、1対3で完敗。個人、組織ともに差を見せつけられた一戦となった。


試合後、高倉麻子監督は「思った以上に重い感じがあった。ミス絡みもあって、だめな時間帯にだめな失点をした。ボールの収まりどころがなく、攻撃の厚み、連続性がなかった」と振り返った。


奮闘した岩渕は「(先制ゴールは)触るのに必死だった。入ってよかった。完敗だし、技術でも日本の長所が一切出ず、相手に上回られた。スペインがやっていたサッカーが理想。立て直して頑張りたい」と前を向いた。


2戦目のイングランド戦は、日本時間9日(月)9時より、NHK-BS1とNHK-BS1 SUBで録画中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事