U-24日本、ジャマイカA代表に4発快勝! 東京五輪メンバー発表前最後の試合で三笘、上田ら攻撃陣が猛アピール!

U-24日本、ジャマイカA代表に4発快勝! 東京五輪メンバー発表前最後の試合で三笘、上田ら攻撃陣が猛アピール!

2021.6.12 ・ 日本代表

シェアする

 国際親善試合のU-24日本代表対ジャマイカ代表は6月12日、豊田スタジアムで行なわれ、日本が4対0で快勝した。


 日本は東京五輪メンバー発表前最後の強化試合。当落線上にある選手にとっては、最後のアピールの場となった。その試合で、日本は1トップに前田大然が入り、2列目に久保建英、三笘薫、堂安律を起用。ボランチには田中碧とオーバーエイジの遠藤航が起用された。最終ラインは、オーバーエイジの酒井宏樹、吉田麻也のほか町田浩樹、旗手怜央と並び。GKは谷晃生でスタートした。


 日本は立ち上がりから主導権を握り、ジャマイカを押し込むと、32分には飲水タイムを終えて最初のプレーで久保が先制点をゲット。右サイドからのカットインでエリア内に侵入し左足を一閃。敵DFとGKの股を抜けたシュートがゴールネットを揺らす。ガーナ戦に続く久保の2試合連続弾で日本が先制する。


 さらに日本は42分、三笘からのパスを受けた遠藤がカーブをかけた狙いすましたシュートを突き刺す。遠藤の芸術的な一発で日本がリードを広げた。

  2点リードで迎えた後半、日本はFW上田綺世、DF瀬古歩夢、GK鈴木彩艶を投入。すると56分、日本は三笘がドリブルで中盤の混戦を抜けると、前線を走る上田へスルーパス。完全に抜け出した上田は、華麗なループショットでネットを揺らした。日本が3-0とする。


 さらに64分、日本は三笘との交代で投入された相馬勇紀がチャンスメイク。左サイド深くへ侵入すると、中央へ折り返しのパス。これを受けた堂安が左足で難なく流し込んだ。日本がリードを4点に広げた。


 日本はさらにDF橋岡大樹、MF食野亮太郎、三好康児を投入し、攻撃の手を緩めず、各選手が最後まで五輪メンバー入りへ猛アピール。結局、試合は4対0でタイムアップし、U-24日本は攻撃陣の躍動でA代表の相手に快勝を飾った。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事