完全本気モードのスペイン相手に鮮明になった現在地。世界トップクラスと日本の実力差とは?【東京五輪】

完全本気モードのスペイン相手に鮮明になった現在地。世界トップクラスと日本の実力差とは?【東京五輪】

2021.8.4 ・ 日本代表

シェアする

 これ以上日本に出来ることはなかった。


 最大の収穫は、スペインが五輪にこれだけのメンバーを揃えて参加してきたおかげで、日本の現在地を再確認出来たことである。


  一発勝負なので、PK戦に持ち込めば勝つチャンスはあったかもしれない。もしかするとその偶発的な勝利は、ブームを巻き起こした可能性もある。メダリストに憧れ、サッカー少年が増えれば、この上ない普及強化策となったのかもしれない。

  しかしあまりに幸運の度合いが濃過ぎる勝利は、本当の進化には繋がらない。過去に日本は、五輪で何度かの奇跡を起こして来た。その度にメディアは大騒ぎをして、五輪が来る度に語り継がれるわけだが、奇跡がそのまま実力として定着したケースはなかった。


 両チームを比較すれば、スペインが圧倒的に不利な条件下にあったことは言うまでもない。6人の選手たちはユーロを準決勝まで戦い抜き、その時点でモチベーションもコンディションも萎み切っていた。希望通りのオーバーエイジ(OA)を招集し、世界に例を見ない高温多湿の環境下で万全の準備をしてきた日本とは比べるべくもなかった。


 サッカーの世界では、こんな時に豪華メンバーがアダとなることも少なくない。もしスペインがグループリーグで躓いていたら、そのまま帰国する羽目になっていたかもしれない。実際準々決勝のコートジボワール戦は、ほぼ相手にベスト4の座を明け渡していた。


 だがここまで勝ち上がって来てしまうと話は別だ。金メダルがちらつき始めたスペインには、完全に本気モードのスイッチが入ってしまった。その象徴がオヤルサバルだった。一緒にユーロを戦ったダニ・オルモが58分でお役御免になったのとは対照的に、延長戦まで信じ難いほど粘り強く走り続け、最後はアセンシオの決勝ゴールを演出した。後半相馬勇紀が交代出場して来ると、1度はプレスバックしてかわされながら、再び圧力をかけてカウンターの起点になる。延長戦に入っても、前田大然の快足ドリブルを諦めることなく70メートル近くも追走した。9枚のイエローも、そこまでして勝とうとする本気の証とも言える。


 ただしこうした魂の奮闘を踏まえた上で、スペインはプレーの質で圧倒的な違いを見せつけた。時間が経過するほど日本を自陣深くに釘付けにしてプレッシャーをかけ続け、やがて日本はリトリートしかできなくなり、カウンターに出ようとしても誰もボールホルダーを追い越して行けなくなった。メンバー全員に自信を持つスペインは、120分間の中でもターンオーバーを試み、決着をつけたのがエースのペドリに代わったアセンシオである。スペインのポゼッションは常に急所を突き、日本の倍のシュートを打ち6倍も枠内に飛ばした。ゴールを生むまでに決定機も5~6度は演出しているので、どこから見ても必然の勝利だった。


 日本は金メダル獲得を目指して、なりふり構わず最高のOAを集めて結果を追求してきた。五輪のサッカーは中途半端な位置づけだが、地元開催で通常以上のメダルラッシュを見込めば、それしかインパクトを出して国民の記憶に刻み込む方法はなかった。もちろん日本は大善戦をした。だがそれはOAで守備力の基盤を固め、一生懸命食い下がったという意味で、攻撃面では個々の断片的なプレーでしか驚かせることは出来なかった。

  スペインは、日本が目指す方向の最前線にいる。世界基準で考えればやや迫力を欠く攻撃をなんとか水際で食い止める守備力や集中力はあるが、彼らを脅かせる武器はあまり見当たらない。それが日本の現在地だ。ピッチに立った選手たちはもちろん、JFA関係者もファンも120分間の惜敗から、世界のトップ争いがいかにかけ離れたところにあるかを痛感したはずだ。それは望外の勝利に浮かれるより、はるかに良薬になったはずだ。


 蛇足ながら、日本は五輪の金メダルやワールドカップのベスト8などと具体的なゴールへの道を探るより、それに値する個の育成やチームを創り上げる方法論を、まずは模索検討していくべきだと思う。


文●加部 究(スポーツライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事