「なんで入らないんだろう?」堂安律がニュージーランド戦で抱いていた焦燥感【東京五輪】

「なんで入らないんだろう?」堂安律がニュージーランド戦で抱いていた焦燥感【東京五輪】

2021.7.31 ・ 日本代表

シェアする

 U-24日本代表は7月31日、東京五輪の準々決勝でニュージーランドと対戦。0-0のまま延長戦を含めた120分を戦い抜き、PK戦の末に勝利した。8月3日にはスペインとの準決勝に臨む。


「DF陣に申し訳ない気持ちでいっぱいなので、次は助けられるように頑張ります」


 試合後、勝利を喜びつつ、悔しさも口にしたのが今大会で10番を背負う堂安律だ。日本は多くのチャンスを作りながら、後半途中まで5バックを敷くなどしたニュージーランドの守備を崩せず。


 先発し、延長前半終了までの105分をプレーした堂安も、果敢に仕掛け、惜しいシュートも放ったが、あと一歩のところでゴールを奪うことはできなかった。


 堂安は「この例えが合っているか分からないですけど、最終予選などで味わうような、なんで入らないんだろう、みたいな感覚は選手たちにありました」と振り返る。


 そして自らに矢印を向けながら課題も口にした。


「焦りは時間が経つごとに増えていきました。決め切る選手にならないと」

  PK戦では「勝ちたい気持ちをチームメイトに伝えました」と話し、「本当に勝ちたかった」と熱い想いを口にする。


 準決勝で戦うスペインとは大会直前にテストマッチを行ない、1-1のドロー。堂安は今大会でも息の合った連係を見せる久保建英からのパスを豪快に蹴り込んでネットを揺らしている。


 あの再現を果たせるか。1968年のメキシコ五輪で獲得した銅メダルがここまでの最高成績である日本にとって、勝てば新たな歴史を刻めるチャンスだ。そのためには背番号10の歓喜を呼び込む一発が必要になるだろう。


構成●サッカーダイジェスト編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事