五輪代表選手選考前最終戦、各選手が猛アピールのなでしこジャパンがメキシコに快勝

五輪代表選手選考前最終戦、各選手が猛アピールのなでしこジャパンがメキシコに快勝

2021.6.14 ・ なでしこ

シェアする

13日、MS&ADカップがカンセキスタジアムとちぎで行われ、サッカー女子日本代表“なでしこジャパン”がメキシコ女子代表と対戦。試合はエース岩渕が大車輪の活躍を見せ、5対1でなでしこジャパンが勝利した。


東京五輪メンバー発表前、最後の公式戦。10日のウクライナ戦から中2日のなでしこは、スタメンを6人変更して臨んだ。GK池田咲紀子、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、宮川麻都。ダブルボランチは中島依美と林穂之香。右に籾木結花、左に長谷川唯。2トップは岩渕真奈と田中美南が入る4、-4-2でスタートした。


開始直後から、エース岩渕が攻撃を牽引する。前半7分には、精度の高いパスで田中のポスト直撃シュートを演出すると、13分、20分にも田中とのコンビでチャンスを作り出す。


そして前半35分、林のパスを受けた岩渕がドリブルでゴールに迫り、DFを翻弄すると、右足で鮮やかにシュートを突き刺し、なでしこが先制ゴールを奪った。


さらに後半1分には、岩渕が左サイドを抜け出し、中央へクロスを入れると、田中が右足ダイレクトで押し込み、良い時間帯に2点目を奪った。


しかしメキシコも反撃を見せる。右サイドからのクロスを中央でゴンサレスが決めて、1点差に詰め寄る。


だが、なでしこもすぐさま突き放す。後半9分、リスタートのボールを受けた岩渕が中央へグラウンダーのクロスを送り、フリーの籾木がシュートを突き刺して3対1。


リードを広げ、優位に立つなでしこ。後半13分には籾木、田中に替えて木下桃香、塩越柚歩。後半26分には岩渕、林に替えて遠藤純、杉田妃和を投入し、4-3-3にシステムをチェンジした。


すると後半29分、遠藤が左サイドをドリブルで突破し、中央へクロスを送ると、ファーサイドから走り込んできた木下が相手の寄せをものともせず、右足でシュートを流し込んだ。


後半36分には長谷川、宮川に替えて三浦成美、高橋はなが入った。後半43分には中島のロングフィードに遠藤が抜け出し、右足でシュート。東京五輪のメンバー入りに向けたアピール弾を突き刺し、5点目を奪った。


メンバーを変えながらもクオリティが落ちなかったなでしこ。東京五輪に向けて、期待を抱かせる内容だった。


試合後、高倉麻子監督は「集中して、自分たちのペースでゲームを進めることができた。みんなが強い思いを持ってグラウンドに立っている。ベストを尽くしてくれた」と及第点を与えた。


先制ゴールの岩渕は「いいところにボールが来たので、自信を持って打てた。1失点してしまったが、チームとしてまとまっていけた。さらにいいチームになれるように、高みを目指して頑張りたい」と、五輪を見すえて話した。


なでしこの次戦は7月14日。MS&ADカップ(対戦相手未定)が、サンガスタジアムby KYOCERAで行われる。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事