ユーベ電撃復帰のモラタ、“生涯移籍金”が半端ない! ネイマールに次ぐ史上2番目となるその金額は?

ユーベ電撃復帰のモラタ、“生涯移籍金”が半端ない! ネイマールに次ぐ史上2番目となるその金額は?

2020.9.24 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間9月22日、スペイン代表FWのアルバロ・モラタは、アトレティコ・マドリーから4年ぶりにユベントスへ復帰することが決まった。


 2014年夏から2シーズンに渡ってイタリアの“絶対王者”でプレーしていたモラタは、レンタル料1000万ユーロ(約12億5000万円)の1年ローンに1年の延長+買い取りオプションが付帯する契約を締結した。


 なお、1年のレンタル延長の場合はさらに1000万ユーロ、今シーズン中に買い取りオプションを行使した場合は移籍金4500万ユーロ(約56億2500万円)、2021-2022シーズン中の場合は3500万ユーロ(約43億7500万円)となっている。


 2010年にレアル・マドリーでプロキャリアをスタートさせて以来、3か国を渡り歩いてきたモラタ。その間に生み出してきた移籍金は、凄まじい金額となっている。


 2014年の夏にレアル・マドリーからユーベに2000万ユーロ(約25億円)で移籍したモラタは、2年後に3000万ユーロ(約37億5000万円)でマドリーに復帰。その1年後には、チェルシーへ8000万ユーロ(約100億円)で渡り、半年のローン期間を経て19年の夏にアトレティコに6500万ユーロ(約81億2500万円)で完全移籍していた。


 新たにユーベと最大で5500万ユーロ(約68億7500万円)が発生する契約を結んだモラタ。スペイン紙『Mundo Deportivo』は、これを含めると、生涯移籍金の総額が2億3500万ユーロ(約293億7500万円)に達したと伝えた。

  これはクリスチアーノ・ロナウドやキリアン・エムバペ、ポール・ポグバなど近年に高額移籍を果たした選手を上回り、史上2番目の額だという。


 そのモラタを凌駕しているのが、ネイマールだ。サントスからバルセロナに移籍する際に5400万ユーロ(約67億5000万円)、17年夏にパリ・サンジェルマンへ総額2億2200万ユーロ(約277億5000万円)。わずか2度の移籍でトップに立っている。


 ちなみにマドリーの下部組織時代を除いて、モラタは同じクラブに3年以上在籍した経験がない。歴代2位となったのは、それだけ移籍を繰り返しているからと言えるだろう。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事