韓国代表が香港に完勝、2連勝で首位に立つ。27日の日韓戦が優勝決定戦に

韓国代表が香港に完勝、2連勝で首位に立つ。27日の日韓戦が優勝決定戦に

2022.7.25 ・ 海外サッカー

シェアする

24日、EAFF E-1 サッカー選手権2022の2節が愛知県の豊田スタジアムで行われ、韓国代表と香港代表が対戦。試合は韓国が3対0で勝利。2試合を終えて勝ち点6をあげ、グループ首位に立った。


韓国は初戦の中国戦を3対0で完勝。香港は日本に0対6で敗れている。韓国はスタメンを初戦から全員入れ替え、香港は3人をチェンジして臨んだ。


韓国はメンバーを変えてもスタイルは変わらず、ボールポゼッションを高めながら攻撃に出る。


前半17分、カン・ソンジンがペナルティエリアの外でボールを受けると、左足を一閃。強烈なシュートがゴールに吸い込まれ、韓国が先制した。


同点に追いつきたい香港は、前線のマシュー・エリオット・ウィンカイ・オーにボールを集めるが、決定機には至らない。


前半31分には、韓国のカウンターから先制ゴールのカン・ソンジンが抜け出し、鮮やかなフェイントでDFをかわしてシュートを打つが、わずかにゴールの左。2点目はならなかった。


香港の反撃は前半39分、バスデバ・ダス・リリー・ヌニェスが後方からの浮き球に反応し、最終ラインの裏に抜け出してボレーシュートを打つが、GKソン・ボムクンが素早い反応でセーブした。


前半43分、韓国はキム・ムンファンが最終ラインの裏に抜け出し、強烈なシュートを打つが、GK陳嘉豪が顔に当ててストップ。体を張ったプレーでゴールを死守する。


後半12分、韓国はコーナーキックから、ニアサイドでソン・ミンギュが右足ダイレクトシュート。これはゴールポストを直撃した。


ボールを支配する韓国は後半29分、後方からのスルーパスに反応したホン・チョルが左サイドを抜け出し、角度のないところからファーサイドに強烈なシュートを突き刺して、2点目をあげる。


攻撃の手を緩めない韓国は、後半41分にホン・チョルのクロスを、ファーサイドに走り込んだカン・ソンジンが、頭で押し込んで3点目。試合を決定づける。


最後まで香港に決定機を作らせなかった韓国が3対0で完勝し、2連勝で勝ち点6を奪取した。韓国は27日、優勝をかけて、グループ2位の日本と戦う。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事