「イカツイ!似合いすぎだよ!!」「今まで見たハマーの中で…」鄭大世の超ワイルドな愛車披露にファン大興奮!

「イカツイ!似合いすぎだよ!!」「今まで見たハマーの中で…」鄭大世の超ワイルドな愛車披露にファン大興奮!

2020.10.28 ・ Jリーグ

シェアする

 J2アルビレックス新潟の鄭大世が28日、自身のインスタグラムを更新。インパクト抜群の愛車を披露し、話題となっている。


 現在36歳の鄭大世は、出場機会を求めて8月に清水エスパルスから新潟へ加入。すると今月4日の試合では途中出場から自身13年ぶり、J2では史上最年長記録となるハットトリックも達成。4年ぶりのJ1昇格へ向け、現在5位につけるチームの主力として躍動している。


 そのベテランストライカーがアップしたのは、フルカスタマイズされた「ハマーH1」だ。もとより圧倒的な存在感を放つ、いわずと知れた名車だが、本人が「カスタム完成。プレデターのフロントグリルの前方へのせせり出方が超ワイルド。カスタム前と雰囲気全然変わった」と伝えているように、ワイルドさが数段アップ。“人間ブルドーザー”の異名を持つ鄭大世に相応しい、オンリーワンの仕上がりとなっている。


 これにはファンも興奮気味に反応。次のような熱いコメントが寄せられている。

 「イカツイ!似合いすぎだよ!!」

「めっちゃかっこいいっス」

「テセさんにぴったんこ」

「テセさん乗ってるところ見てみたい!!」

「良いカスタムできてますね」

「今まで見たハマーの中で一番カッコイイ!!」


 また、清水時代のチームメイト飯田貴敬(現京都サンガ)は、「8個ついてるライトみたいなやつの両端1つずつ取ってもバレなそうですね」とコメントし、車の上部に取り付けられた特徴的なライトに注目している。


 間もなく勝負の11月に入り、ますます負けられない試合が続いていく。そのなかで、酸いも甘いも知る経験豊富な36歳は大きな力になるはずだ。愛車にも負けぬワイルドな攻撃ぶりに注目したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事