三笘薫、田中碧が抜けてもチーム力は落ちない!?――アナリスト的視点で見た川崎の強さとは

三笘薫、田中碧が抜けてもチーム力は落ちない!?――アナリスト的視点で見た川崎の強さとは

2021.6.23 ・ Jリーグ

シェアする

 昨シーズンに続き、J1リーグで独走状態の川崎フロンターレ。6月22日からは初のアジア王座を掴むべく、アジア・チャンピオンズリーグの舞台に挑む。


 ここでは、Jリーグの各クラブでスカウティング担当を歴任し、2019年には横浜F・マリノスで自チームや対戦相手を分析するアナリストとしてリーグ優勝にも貢献した杉崎健氏に、川崎の強さの秘密について分析していただいた。いまだ今季無敗を誇る姿は杉崎氏の目にどう映るのか。ここ数シーズンの変化や今後の展望についても解説する。


――◆――◆――


 私はJリーグで3クラブをアナリスト(分析官)として渡り歩いてきましたが、川崎フロンターレに対して持っていた印象は一般のJリーグファンの方々と同じように、「止める蹴る」という言葉に象徴されるボールを扱う技術の高さをベースとした攻撃力にあると感じています。それに加えてチームとしてのまとまりがある。そこが彼らの良さです。


 川崎を分析する際には、私がアナリストをしていた当時は4-4-2をベースにしていましたが、4-4-2だからこういう攻略が望ましいという発想ではなく、システムの中に選手個々の能力がどうハマっているのか、そのうえでストロングとウィークを映像で確認したり、推測したりする。例えば、川崎の左サイドを担う車屋選手や登里選手の裏をどうやって取るのか。彼らは裏が弱いのか、自分の前が弱いのか。そうしたことを全ポジションに渡って細かくチェックしていました。

  時間をかけてやりたいところですが、基本は1週間に1試合あり、水曜にルヴァン杯や天皇杯が入ってくると中3日でシーズンが回っていくので、どうしても時間が限られてきます。なんとかして効率的に選手だけのプレー集を検索して見たり、専用の外部会社のソフトに頼ったり。そうして、映像をチェックして彼らのストロング・ウィークをまとめる作業をどのクラブでもやっていました。


 では当時、川崎のどんなところに脅威を感じていたのか。彼らの特長と言えば攻撃ですが、とりわけ最も怖かったのはどこからでもスルーパスを狙ってくるということ。ゴールに直結するパスが中村憲剛選手や大島僚太選手、現在で言えば田中碧選手や脇坂泰斗選手ら2列目、3列目から、どんどん出てくるわけです。手前で繋ぐだけでなく、いつでも裏を狙うよという感じで攻めてくる。それが一番の強みで、アタッキングサードだけでなく、隙があればハーフウェーラインくらいからスパーンと通されてしまう。ひとりだけならまだ対処の仕方もあると思いますが、中盤の選手ほぼ全員がそれをできる。的を絞りようがなかったですね。



  では、今シーズンの川崎のメカニズムについてお話ししましょう。


 川崎は昨季から4-3-3に着手しました。中盤をダブルボランチから3センターにして中盤の形を変えた。一方で、この2シーズンに関して言うと、川崎は自陣からゆっくり繋ぐというより、より速く敵陣に入ろうというスタンスを取っています。


 鬼木監督は「1試合3点以上」というコンセプトを掲げていますが、自陣でゆっくり回していても、それを実現するのは難しい。かといって、これまでのように中盤からスルーパスをバンバン狙ってばかりでも単発的な攻撃になりかねない。したがって、後方と中盤では相変わらずしっかりボールを握るということは継続して4-3-3に移行している。


 話は前後しますが、4-4-2であればサイドハーフがどれだけ高い位置を取れるか、あるいは仕掛けられるかが攻撃性を高める重要なポイントになり、そのうえでいかにトップへクロスやスルーパスを通せるかという狙いがあったと思います。ただし、サイドバックにボールが入った時などは下がってサポートするとか、位置を下げることも当然やらなければいけません。

  ただ、4-3-3ではトップの数は減りますが、家長昭博選手や三笘薫選手、遠野大弥選手などキープ力や突破力のある選手をはじめからウインガーとして高いポジションに配置できる。しかもサイドバックのサポートも中盤の3人の誰かができるのであれば、ウインガーは下がる必要もありません。3トップという形にしてなるべく速く敵陣に行きたい、効率よく相手に圧力をかけたいというところを目指しているのが分かります。


 そのうえで言えるのは、川崎の攻撃はシステムありきだということ。なぜなら、三笘選手や家長選手がずっと先発を務めているわけでもなく、彼らがベンチスタートでも形が変わっているわけでもない。チームとしてのメカニズムをしっかり理解したうえで、そこから変化することは自由で、例えば家長選手が中盤に下りることもあるし、ウイングに小林悠選手が配置されて、ストライカーの特性を生かした斜めに入っていく動きなどもある。


 なので、もちろんシステムはありきですが、そこに配置された選手は自分の特長を活かしていい。必ずしも三笘選手や家長選手らを活かそうとしたシステム変更ではないと考えます。どちらかと言えば、「1試合3点以上取る」というところから逆算し、どんどんボックスの中にボールを入れていきたい。そこに人数を掛けようとしたときに4-4-2よりもチャレンジでき、より攻撃的にいけるということで採用していると考えられます。


  続いて守備のメカニズムを見ていきましょう。


 4-4-2をやっていた時は必ずしも敵陣からの守備、前からプレスをかけることをずっとやっていたわけではないと感じていました。ハーフウェーライン辺りをベースに少し構えていることもある印象でしたが、4-3-3に移行してからはどんどん前からプレッシャーをかけるようになりました。


 ボールを持っている選手に対して、どんどんプレッシャーをかけていく、最終ラインも下がって間延びさせないように高い位置を取ってハーフウェーラインくらいまで上げているイメージで、全体で連動しながら押し上げて奪いに行く。なので、今シーズンに関して引いて守るというケースはあまり見られません。


 もちろん、引いて守ることもあるのですが、まず彼らのスタンスとして自分たちがボールを握ることが前提としてあるので、守備としてはいち早くボールを奪いに行くことが優先されるわけです。

  要するに4-4-2では見る守備でしたが、4-3-3に移行して奪いに行く守備をやるようになった。そのうえで、相手が試合中にシステム変更をしてきても、自分たちで首を振って臨機応変に「誰が誰を見ろ」という風に即座に対応できている。相手のどこを塞ぐべきか、誰をチェックすべきか、前を向かせないようにすべきか、そこを理解しつつボールを奪いに行く。


 もちろん、相手とのシステムの噛み合わせ的にどうしても合わない試合も見られますが、そうなった場合には一方のサイドに寄せた時の逆サイドを捨てるという判断もして、人数を合わせに行くということもやっているし、いわゆる「嵌めに行く守備」ができていますね。


 さらにもうひとつ、川崎の守備の特長で挙げておきたいのが強度の高さです。自分が狙った選手に対して、パッと寄せて見るとかではなく、ガツっと行って取り切る。奪えなかったらもう一回行くというのを全員がやっています。川崎の選手は、その奪い方、スピード感、足の出し方、身体の入れ方も含めて、強度が高いのでちょっとしたミスでも取られるかもしれないという雰囲気や圧力を押し出せている。対戦相手にとっては大きな脅威でしょう。

  川崎のサッカーと言えば、自分たちの攻撃的なサッカーを押し出すチームというイメージを持たれている方が多いかもしれません。相手の攻撃に対して嵌めに行く守備だったり、システムの噛み合わせを重視したり、あるいは先ほど挙げたように、攻撃でも「システムありき」などと言うと、意外に思われる方も多いのではないでしょうか。


 いまやどのクラブも事前のスカウティングは当然行なっていますし、フロンターレも私がアナリストをやっていた時期から対戦相手の分析はしていたと思います。ただし、スタッフの編成を見れば分かるのですが、私のような専門的なスタッフは置いていなかった。おそらく、コーチ陣の方で分担してやっていたはずです。


 そうしたなかで、優勝した2017年からだったと思うのですが、より専門色の強いテクニカルコーチを入れた。より深く対戦相手を分析して、プラス映像やデータを扱えるアナリストやコーチを置いてから、より強さに磨きがかかった印象があります。


 現在、その方の肩書きはコーチだったと思いますが、在籍していらっしゃって、そうしたスタッフ編成も含めて、やはり“自分たち”だけを見ていてもダメだと感じたのだと思います。もちろん、相手のことを見ていないわけではなかったけれど、より深く分析できる人を置いて、体制をしっかり強化した。チーム関係者と話したわけではありませんが、それが試合にも反映されていると感じます。


 他のJクラブにもアナリストを置くクラブがどんどん増えているのですが、ただアナリストが入ったからと言って強くなるとは限らない。分析ができて、かつ選手への落とし込みもしっかりできて、実際にピッチ上に反映できる……、そういうサイクルが出来て自分たちのやり方や技術・戦術・メンタルが充実してくれば、やはり差は出てくるでしょう。


 そういう意味では、フロンターレにとって2017年は、体制を変えて初優勝という結果を掴んだという点でも、大きな転機となったと言えるでしょう。


 さらに、2020年の昨シーズンから2021年にかけての変化という点で言えば、先ほど挙げたシステムの変更もありますが、データ面でひとつ重要な変化が見られました。


 それは、スプリント回数の増加です。Jリーグの公式サイトには走行距離とスプリント回数の数値が出ていますが、川崎は2020年、走行距離のチーム平均値が110kmでリーグ最下位。2021年もここまで114kmで下から4番目の16位とあまり順位も変わっていません。ただ、スプリント回数に関しては、2020年が1試合平均157回でリーグ15位だったのが、今年は183回でリーグ5位に伸びています。圧倒的にスプリント回数が増えたんです。

  もちろん、どのようなシチュエーションのスプリントが増えたのかを詳細に分析する必要はありますが、試合を見たうえでの印象で言えば、ボールを失った瞬間の圧力や前からプレッシャーをかけた時のスピード感。これらの部分は、当然引いて構えて守っていては出せないところで、スプリント回数も増えませんが、奪いに行く守備をして、しかもタラタラ行くのではなく、時速24km以上のトップスピードで行くということも含めて、明らかに変わった部分でしょう。全体的な走行距離があまり変わらず、スプリントが増えたというところを見ても、強度が増したと言えます。


 また、選手の顔ぶれで言えば、2020年終了後にアンカーを務めていた守田英正選手が抜けて、そこにシミッチ選手が入りました。彼が機能するかどうかは、川崎スタッフ陣の一番の不安材料だったと思いますが、それがものの見事にハマった。


 シミッチ選手はボールを受けて散らせるつなぎ役であり、バランサーと言えると思いますが、非常に動ける選手でもあるんです。1試合平均13kmくらいを平気で走ってしまう。いわゆるアンカーを置いた4-3-3を採用した時に弱点になりがちなのが、アンカーの脇のスペースですが、走行距離13kmのシミッチ選手は、そのカバーリングもできてしまう。プラス、田中碧選手や脇坂泰斗選手、旗手怜央選手らも、このスペースが使われることが分かっているので上下動をしっかりやる。


 守田選手が抜けましたが、シミッチ選手、インサイドハーフの選手たちの連係・連動の意識がしっかりできているので弱点になっていない。中盤のキーマンを失っても今の強さが継続されているわけです。

  昨シーズンの守田選手に続き、主力選手が移籍する流れは続きそうです。さらに20日には田中選手が移籍を前提にチームを離脱することになりました。ここ数シーズンの活躍を見れば、当然の流れと言っていいかもしれません。さらに、同じ東京五輪世代の選手で、三笘薫選手もこの夏の移籍が取り沙汰されています。


 基本的に私は、このふたりの選手がチームを離れても、川崎の強さは維持されると考えます。もちろん、三笘選手のドリブルの突破力や田中選手のゲームメイク力、ボール奪取力がなくなるのは痛手でしょう。


 しかし、守田選手の時と同じように、代わりに入ってきた選手、もしくは抜擢された選手がコンセプトの中で動くでしょうし、普段のトレーニングの質の高さ、強度の高さは多くの選手が共有し、そこの基準は分かっているので、代わりの選手がいざ試合に出るとなっても、これまでの選手と同じ、もしくはそれ以上のパフォーマンスを発揮しようとするはずです。


 それは外からくる選手かもしれませんし、中から輩出される選手かもしれませんが、スタメンや途中出場の選手たちのパフォーマンスを、ベンチ外や育成年代の選手も見ている。それがクラブの基準として醸成されているんです。三笘選手や田中選手とはまた違った個性、パーソナリティを持った選手の特長を活かしつつ、チームのコンセプト通りにやれれば、簡単に質や強度は落ちないでしょう。


 仮に三笘選手が絶対的な存在であれば、常に試合ではスタメンで使っているはず。でもそうではないし、三笘選手がベンチスタートでも負けているわけではない。大久保嘉人選手や中村憲剛選手などが抜けてもチーム力は落ちなかった。一選手に依存していないという土台の強さがいまの川崎のサッカーだと思います。


 最後に、川崎のもうひとつの強さについて、私の経験談から話したいと思います。私は渡り歩いた3クラブでどのクラブでも選手たちに川崎をプレゼンしてきましたが、やはりプロの選手であっても川崎とやることに、変なプレッシャーを感じることがあるんです。


 川崎からすれば、とくに何かをやっているわけではない。しかし、イメージ先行でプロ選手ですら、「次は川崎だ……」というような圧力を感じることがあります。例えばボールを持っている時に失ってしまうんじゃないかとか、プレッシャーが来ているんじゃないかとか。そうした圧力を感じながらやっていると、そこから生まれるミスもあるでしょう。実際は来ていないのに、来ていると感じてしまう。そういう細かな見えない圧力も含めて、人がやるスポーツなので、やはりプレーには影響してきます。


 実際に現場でやっていた時も、「やっぱり川崎の圧力が……」みたいな話をする選手もいましたし、その部分は現場を経験したからこそ分かる部分でもあります。


 ですから、自分自身の仕事としては、情報を伝える際も川崎の凄みを伝えることはせずに、「川崎は大したことない」ということをいかに伝えるかにフォーカスしていました。それほどまでに、相手選手への心理的プレッシャーを与える力が、今の川崎にはあるということです。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 【著者プロフィール】

杉崎健(すぎざき・けん)/1983年6月9日、東京都生まれ。Jリーグの各クラブで分析を担当。2017年から2020年までは、横浜F・マリノスで、アンジェ・ポステコグルー監督の右腕として、チームや対戦相手を分析するアナリストを務め、2019年にクラブの15年ぶりとなるJ1リーグ制覇にも大きく貢献。現在は「日本代表のW杯優勝をサポートする」という目標を定め、プロのサッカーアナリストとして活躍している。Twitterやオンラインサロンなどでも活動中。


◇主な来歴

ヴィッセル神戸:分析担当(2014~15年)

ベガルタ仙台:分析担当(2016年)

横浜F・マリノス:アナリスト(2017年~20年)


◇主な実績

2017年:天皇杯・準優勝 

2018年:ルヴァンカップ・準優勝 

2019年:J1リーグ優勝

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事