【識者に訊く】森保監督は活動拠点を欧州へ移すべきか?「興行ではなく強化が最大の目的なら…」

【識者に訊く】森保監督は活動拠点を欧州へ移すべきか?「興行ではなく強化が最大の目的なら…」

2020.10.28 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表は10月に続き、11月にも欧州遠征を実施する。コロナ禍で帰国後の行動制限などがあり今回も国内組の招集は難しそうだが、実際のところ、現代表の主力はほぼ欧州組で占められている。若年層の海外移籍も加速する中、果たして森保一監督が活動拠点を日本に置く意味はあるのか。サッカージャーナリストの西部謙司氏に見解をいただいた。(※『サッカーダイジェスト10月8日号(9月24日発売)』より転載)


―――◆―――◆―――


 以前から日本代表監督の活動拠点が、なぜ欧州ではないのか疑問だった。


 森保一監督は、すぐにでも拠点を移したほうがいいと思う。確かに東京五輪代表チームの監督も兼ねているが、すでに五輪代表の強化については横内昭展コーチに任せており、国内にとどまる理由がないのだ。


 東京五輪に森保体制で臨むのは、A代表の欧州組から五輪に出場する選手が複数人いて、欧州組と国内組を大会直前に合体させるという構想があるからだ。だとすれば、森保監督はまず目の前のワールドカップ・アジア予選に注力すべきであり、そこでA代表に招集した欧州組を引き連れて東京五輪に向かうのだから、彼の仕事は今や欧州にあると言っていいわけだ。

  A代表に関しては、すでに主力のほとんどが欧州組という状況になっている。しかも新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、強化試合を国内で開催するのは困難になった。強引に実施したところで観客動員には制限がかかるし、リーグ戦が開幕したばかりの欧州から選手を呼ぶのも無理だろう。10、11月に欧州遠征を実施するのも、国内では強化試合ができないというのが理由だった。実際、10月にオランダでカメルーンとコートジボワールと対戦したように欧州開催のほうがマッチメイクもしやすいはずだ。


 国内で強化試合や合宿ができない、視察すべき選手も欧州にいる。この状況で、森保監督が日本にいる意味はない。


 今回は新型コロナウイルスという要因があって、こういった状況になっているが、それ以前から日本に日本代表監督がいなくてもいいのではないか、とは思っていた。

  代表の主力である欧州組のプレーをチェックするには、当然ながら現地にいたほうが良いに決まっている。国内組の動向を追うことも大事かもしれないが、現状で代表監督にとってより重要なのは欧州組の状態であり、欧州を拠点にすれば、彼らの所属クラブとの連係も密にできる。


 現在、親善試合は国際Aマッチデーに限定されているうえ、大陸をまたいでの連戦はできない。これがネックとなって、日本に強豪国を呼びにくくなってしまった。しかし、欧州でならば列強とのマッチメメイクもやりやすい。また長距離移動も選手の大きな負担になっているので、それを解消するメリットもある。


 練習場、試合会場の確保については、過去に何度も欧州遠征をやっているので問題が生じるとは考えにくい。監督、スタッフの日常生活に不便をきたす可能性はあるかもしれないが、一般企業の海外赴任は普通に行なわれている。


 いわゆる興行収入の減少が最も大きな問題点だとしても、現実的に国内では試合が組めず、この先の見通しも立たないのだから仕方がない。

  そもそも貴重なテストマッチを、日本協会の収益のためだけに国内で続けるのは、強化という本来の目的から乖離している。日本代表は依然として人気のあるコンテンツだが、競争力が低下してしまえばその限りではないだろう。いつか国内開催が可能になっても、意味のない強化試合をわざわざ見に行くファンは次第に減っていくのではないか。


 ちなみに、他国に活動拠点を置いている代表監督というのは寡聞にして知らない。欧州はもちろん、欧州でプレーする代表選手が多い南米の国々も、その拠点は自国だ。代表選手のほとんどが外国にいるアフリカ諸国でさえ、どういうわけか代表監督だけは国内にいる。


 しかし、強化こそが最大の目的なのだから、どう考えても代表監督とそのスタッフの活動拠点は欧州にあったほうがいい。興行面で国内での強化試合開催は重要だったかもしれないが、もうそれもできなくなった。先も読めない。これを機に拠点を欧州に移すのが賢い選択だろう。


文●西部謙司(サッカージャーナリスト)


※『サッカーダイジェスト10月8日号(9月24日発売)』より転載・加筆

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事