なぜ森保Jは前半に苦戦するのか? スペイン人戦術アナリストに訊いたホーム2連戦の“カギ”。キーマンは伊東でも久保でもなく…

なぜ森保Jは前半に苦戦するのか? スペイン人戦術アナリストに訊いたホーム2連戦の“カギ”。キーマンは伊東でも久保でもなく…

2022.1.27 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表がカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の中国戦(1月27日)とサウジアラビア戦(2月1日)戦に臨む。


 日本はベトナムとオマーンとの11月の2連戦を連勝で乗り切り、グループ2位に浮上した。とりわけオマーン戦はホームでの第1節で苦杯を喫した(0-1)相手でもあり、大きな山場と見られていたが、後半の頭から出場した三苫薫が試合の流れを変える活躍を見せ、1-0で勝利した。


 データ解析を行なっている『Driblab』よると、三苫はこの一戦において、Regate(レガテ:突破のドリブル)を13回中9回成功、Conduccion(コンドゥクシオン:10~20メートルの運ぶドリブル)を17回中13回成功させた。同じウイングの選手の1試合当たりの成功数の平均値が、前者が1.5、後者は9.6であり、その数値の高さは際立っている。


 実際、積極的にドリブルを仕掛け、日本の攻撃にリズムをもたらしていた。次ページの図1からは三苫がいかに敵陣深くに侵入しチャンスに絡んだかが良く分かる。彼の投入によって、日本の左サイドの攻撃は明らかに活性化された。

  ただチーム全体に目を向ければ、課題も散見された。特に前半は攻撃が停滞し、各選手がどんな意図を持ってプレーしているのかというゲームプランそのものが見えなかった。しかし後半は、前述したように三苫の投入がカンフル剤となって攻勢を強め、その流れの中で得点が生まれた。


 改めて明らかになったのは、日本は前から圧力をかけてボールを奪ってから手数を掛けずに攻めたほうが得点の可能性が高まること。逆にポゼッションを軸にパスを繋いで攻めようとすると、手詰まりになる傾向が強い。


 このポゼッションよりもハイプレスに比重を置いたほうが攻撃が機能するという、日本の特徴を象徴しているのが「PPDA」と守備アクションあたりのパス数を示す数値だ。1回の守備フェーズで、ボールを取り戻すまでに相手チームに何本のパスを繋ぐことを許したかを示すもので、数値が低いほどプレッシングの強度が高いといえる。


『Driblab』によると、ベトナム戦は前半9.2、後半3.1、オマーン戦が前半8.6、後半7.2といずれも前半よりも後半の数値が下回っている。ここから三苫、浅野拓磨、古橋享梧といった個の力で局面を打開できるアタッカーを後半投入することでプレーのリズムを上げて、勝利を手繰り寄せるという日本が得意とする戦い方が見えてくる。


 もちろん理想は立ち上がりから監督のゲームプラン通りに試合を進めることだ。しかしそこで問題となるのが中盤の構成力の不足だ。それゆえ前半に試合をコントロールできず、得点を奪わなければならない必要性に駆られた終盤のほうが攻撃の危険度が増す結果になっている。


 オマーン戦では三苫の活躍で接戦を制したが、これは相手の疲労やサイドの守備が手薄だったこととも無関係ではない。つまり常に後半投入の選手による単独での突破力に頼った戦い方が通用するとは限らないのだ。


 だからこそポイントとなるのが、周囲のサポート体制の構築だ。とりわけ両サイドバックの働きが重要になってくるが、日本はゲームプランがなかなか見えてこないことと同様に、局面に応じたサイドバックのポジション取りや約束事が明確になっていない印象を受ける。

  もちろんウイングの人選次第で、振る舞いが異なるのが本来の姿だ。南野拓実のように中央に顔を出してフィニッシュに絡むタイプが前方で構える場合は高めのポジションで幅を取り、逆に三苫のような突破型は、定位置を低くしてウイングのプレーエリアを広げたほうがいいケースもある。ただ現状では、そうしたサイドバックとウイングによる補完性の構築というものが見えない。


 今回は三苫が怪我の影響で招集外となった一方で、久保建英が復帰を果たした。彼もまたマジョルカでは、サイドバックのポジション取りが低くなると、パフォーマンスが落ちる傾向がある。


 ましてや森保一監督はここ数試合、サイドバックのサポートがさらに重要になってくる4-3-3を継続して採用している。このホーム2連戦でも、両サイドバックの働きが日本の攻撃陣の出来を占う重要な指標となりそうだ。


文●アレハンドロ・アロージョ(戦術アナリスト)

翻訳●下村正幸

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事