【ハイライト動画】横山久美の決勝弾で強敵オーストラリアを撃破!なでしこジャパンがアジアカップ連覇決める!

【ハイライト動画】横山久美の決勝弾で強敵オーストラリアを撃破!なでしこジャパンがアジアカップ連覇決める!

2018.4.21 ・ なでしこ

シェアする

なでしこ、アジアカップ連覇達成ーー。日本時間21日、AFC女子アジアカップ決勝戦が行われ、サッカー女子日本代表『なでしこジャパン』はオーストラリア女子代表と対戦。試合は後半39分に横山久美が決めた1点を守り抜き、なでしこが1対0で勝利。2014年大会に続いて、アジア女王に輝いた。


前回大会と同カードとなったアジアカップ決勝。アジアの女子サッカーを牽引する両国は、今大会のグループステージで対戦しており(1対1の引き分け)、決着をつけるべく臨んだ。なでしこのスタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。ダブルボランチに阪口夢穂と宇津木瑠美。右に中島依美、左に長谷川唯、2トップに岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4ー4ー2でスタートした。


立ち上がりからオーストラリアが攻勢に出ると、前半14分にはクロスボールの処理を誤ったGK山下がファンブル。こぼれ球に反応したバットがシュートを打ち、熊谷の手に当たってPKを献上してしまう。しかし、冷静な守護神はケロンド・ナイトが蹴ったシュートを読み切ってストップ。GK山下の好セーブにより、ゴールを死守する。


なでしこのチャンスは前半35分、岩渕のドリブル突破から、パスを受けた長谷川が抜け出してシュート。絶妙なタイミングで放ったシュートだったが、GKウィリアムズに防がれてゴールならず。


後半に入ってもオーストラリアが攻め、なでしこが耐える展開が続く。流れを変えたいなでしこは、後半27分に菅澤に替えて、切り札の横山久美を投入。


勝負の時間帯に登場したなでしこの新エースが、準決勝に続いて大仕事をやってのける。後半39分、長谷川のパスを受けた横山が右足を一閃。ゴール右上に強烈なシュートを突き刺した。


このゴールが決勝点となり、なでしこがオーストラリアに1対0で勝利。耐えて勝つ、なでしこイズムを大一番で体現した高倉ジャパンが、2大会連続のアジア女王に輝いた。


試合後、高倉麻子監督は「攻め込まれる時間が長かったが、身体を張って守って、ワンチャンスをものにしてくれた。選手達にはおめでとうと言いたい。もっと成長して、世界に挑戦したい」と充実した表情で振り返った。


決勝ゴールの横山は「(準決勝に続く)2試合連続でゴールが決められて良かった。ターンも切り返しも完璧だった」と自画自賛し、優勝については「先輩達は世界一を獲っているので、自分たちも世界を目指して頑張りたい」と、次なる目標を語った。


この結果により、AFC女子アジアカップの1位は日本、2位がオーストラリア、3位が中国となり、2週間に渡る熱戦の幕が閉じた。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事