【U20WWC】ヤングなでしこ、イングランドを2-0撃破!史上初の決勝へ。

【U20WWC】ヤングなでしこ、イングランドを2-0撃破!史上初の決勝へ。

2018.8.21 ・ なでしこ

シェアする

日本時間20日、FIFA女子U-20ワールドカップ準決勝のイングランド戦がフランスで行われ、U-20女子日本代表“ヤングなでしこ”は、今大会絶好調の植木理子と遠藤純がゴールを奪い、2対0で快勝。悲願の優勝に向けて、あと1勝に迫った。


勝って決勝に進みたい日本。スタメンはGKスタンボー華、最終ラインが右から宮川麻都、高橋はな、南萌華、高平美憂。右サイドに宮澤ひなた、左に遠藤純。ダブルボランチに林穂之香と長野風花。2トップに植木理子と宝田沙織が入る、4-4-2でスタートした。


ベスト4に残ったチームの対戦だけあって、立ち上がりから個と組織が融合した、クオリティの高いサッカーを展開。日本のチャンスは前半15分、エースの植木がドリブルで持ち込み、こぼれたボールを今大会好調の遠藤が左足でシュート。ゴールの枠は外れたが、惜しい場面だった。


そして前半22分、日本らしいパスワークでリズムを作ると、遠藤、植木のコンビでペナルティエリアに侵入。植木がドリブルで相手をかわし、右足で鮮やかなシュートを流し込んだ。


エースのゴールで先手を取った日本。前半27分には、宮澤が左足で放ったミドルシュートがクロスバーを直撃し、跳ね返りに反応した遠藤が頭で押し込み2点目をゲット。その後も長野がゴールポストに当たるシュートを放つなど、イングランドを圧倒。2点リードで前半を折り返す。


後半12分には、左サイドバックの高平に替えて、北村菜々美を投入し、スピードに乗った突破を仕掛けてくるイングランドの右サイドを警戒。その後も、日本は守備に比重を置きながらも、虎視眈々と追加点を狙う。


後半38分には先制ゴールの植木に替えて、村岡真実を投入。アディショナルタイムには、豊富な運動量で攻守に貢献した宮川に替えて、牛島理子を送り込む。


イングランドはスピードとフィジカルを活かして猛攻を仕掛けるが、日本はセンターバックの南と高橋を中心に跳ね返す。終了間際には、イングランドに立て続けにゴールに迫られるも、最後まで集中を切らさずに対応。2対0で試合終了のホイッスルを聞いた。


試合後、池田太監督は「中2日で疲労はあったが、最後までよく戦ってくれた。焦れずに上手くボールを動かせた。先に点を取れたのが大きかった」と振り返り、決勝進出については「しっかり選手を回復させて、ファイナルの相手が決まったら準備したい」と冷静に語った。


先制ゴールの植木は「先制点が欲しかったので、(得点場面は)自分で行こうと思った。入った瞬間は嬉しかった。まだ日本が行ったことのない(U-20W杯の)決勝を戦えることができてうれしい。監督、スタッフ、仲間に感謝している」と目を潤ませながら話し、決勝については「このチームは優勝できる力を持っている。チーム一丸となって、必ず優勝したい」と力強く言い切った。


決勝の相手はグループステージで黒星を喫したスペイン。悲願の優勝に向けて、そして借りを返す意味でも絶対に負けられない決勝戦は24日(金)26時20分より、フジテレビNEXTで生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事