「タケには満足している。だが…」エメリ監督が指摘した久保建英の課題は?「好きではない」

「タケには満足している。だが…」エメリ監督が指摘した久保建英の課題は?「好きではない」

2020.9.19 ・ 海外サッカー

シェアする

 久保建英が所属するビジャレアルは、9月19日に行われるラ・リーガ第2節で、乾貴士と武藤嘉紀を擁するエイバルと対戦する。


 2戦連続となるホームゲームに先立ち、ウナイ・エメリ監督が前日会見に臨み、久保についても語っている。スペイン紙『As』が伝えた。


 ウエスカとの初戦は77分から途中出場した日本代表MFについて、「タケには適応が必要だ。もっと彼を必要としている」と語ったスペイン人指揮官は、こう続けている。


「この間の15分間と同じく貢献する必要がある。より多くのエリアに顔を出し、敵陣でもっと存在感を出さないといけない。最後のアクションでは、直線的で決定的でなければならない」


 そう課題を挙げたものの、「彼には満足しており、我々はその適応を加速させたい」とし、加入から約1か月経った久保の現状に納得をしているようだ。

  ただ、エイバル戦のスタメンの可能性については、「先発とスタメンを話すのは好きではない」として言及を避けたが、「プレーする準備はできているだろう」と含みを持たせた。


 最後に、「タケが成長すれば、多くの試合でプレーすることになるだろう。それが何より重要なことだ」と語った戦術家は、はたして久保をスタメンで起用するだろうか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事