リバプールは“緊急事態”もアヤックスを撃破! 南野拓実はOB戦士から絶賛される「明らかに良くなった」【CL】

リバプールは“緊急事態”もアヤックスを撃破! 南野拓実はOB戦士から絶賛される「明らかに良くなった」【CL】

2020.10.22 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間10月21日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループD・第1節で、イングランド王者のリバプールがオランダ王者のアヤックスと敵地で対戦した。


 4日前のプレミアリーグ第5節のエバートン戦で大黒柱のファン・ダイクと司令塔のチアゴが揃って故障離脱して緊急事態に陥ったリバプールは、前者の代役にボランチが主戦場のファビーニョを抜擢。南野拓実の起用も注目されたインサイドハーフには、下部組織上がりのジョーンズが起用された。


 立ち上がりから両サイドを起点にして押し込みに行ったリバプールに対し、アヤックスは自陣に下がってゴール前にブロックを築いて守備を固める。両チームの意図が明確に表れた状態で時間は過ぎていった。


 コンパクトな守備陣形を保ち続ける相手に、ファイナルサードでの創造性がなく、攻めあぐねるリバプールだったが、35分に均衡を破る。左サイドから敵エリア内に個人技で侵入したマネがシュート。これが相手DFタグリアフィコに当たってゴールに吸い込まれたのだ。


 ラッキーな形で先手を取ったリバプールは、失点直後から前掛かりになったアヤックスに主導権を明け渡すことなく、1-0で前半を終える。


 迎えた後半はアヤックスが反撃に出る。開始早々の46分にクラーセンがポスト直撃のシュートを放てば、58分にはカウンターからプロメスがフィニッシュにいったが、狙いすましたショットは敵GKアドリアンに阻まれた。

  ややペースダウンしたレッズは、59分に自慢の3トップを変える大胆な策を講じる。マネ、フィルミーノ、サラーを下げ、南野、シャキリ、ジョッタを入れたのだ。


 疲労の色が見え始めていたマネに代わって送り出され、3トップの中央に入った南野は、ワンタッチでボールを的確に捌いてビルドアップに絡み、“偽9番”としての役割に奔走。69分には鋭いターンから果敢にミドルシュートを放ったが、惜しくも相手守護神オナナの好守に阻まれてしまう。


 だが、ジョッタやシャキリも含めた途中出場の3トップの一連のプレーに英公共放送『BBC』で解説を務めていた元リバプールのスティーブン・ウォーノックは、「彼らの投入によってチームは明らかに良くなった。プレスも鋭くなって、短時間で相手から流れを引き戻した」と絶賛した。


 OBも褒め称える献身的なプレーを披露した南野やジョッタの活躍もあり、リバプールは、アヤックスの反撃を危なげなくしのいでいった。


 結局、試合は1-0で終了。敵地で勝点3を掴んだリバプールは、地力の差を見せつけ、エバートン戦から続いていた暗い空気を払拭してみせた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事