その名もクリスチアーノ!IKEAがまさかの「water only」の水筒発売で、コカ・コーラ騒動に“新展開”

その名もクリスチアーノ!IKEAがまさかの「water only」の水筒発売で、コカ・コーラ騒動に“新展開”

2021.6.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 クリスチアーノ・ロナウドが引き起こしたコカ・コーラ騒動が、思わぬ“新展開”を迎えた。スペイン紙『AS』の英語版が6月22日付けで伝えた。


 ポルトガル代表のスーパースターが、EURO2020初戦となる15日のハンガリー戦の前日会見で、席に着くや目の前にあった大会スポンサーのコカ・コーラのボトルをどけ、「こっちを飲め!」とばかりに、水を見せつけたことで始まったこの一件。


 衝撃の行動は世界中でニュースとなり、コカ・コーラ社の株価は56.10ドルから55.22ドルに下がり、時価総額は2420億ドルから2380億ドルにダウン。じつに40億ドル(約4400億円)も失われたとされ、コカ・コーラ社の頭痛の種となっている。

  しかし、逆にこの状況を上手く利用したのが世界的家具量販店『IKEA』だ。同カナダ支社ではなんと、『CRISTIANO(クリスチアーノ)』と名付けた水筒を発売。公式SNSでも公開されたポスターには、「for water only」と注意書きまでしている徹底ぶりだ。


 この大胆な乗っかりは、たちまち話題に。IKEAカナダの投稿には、「素晴らしい」「めちゃくちゃクリエイティブな広告」「最高位の天才レベルのシチュエーションマーケティング」「これは必要」「購入します」といった、称賛のコメントが数多く集まっている。


 世界も驚きのIKEAの対応能力の早さだった。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事