立ち位置、切る、開放……。サッカーのプレーを日本語で定義づける有効性とは?

COLUMN清水英斗の世界基準のジャパン目線 第123回

立ち位置、切る、開放……。サッカーのプレーを日本語で定義づける有効性とは?

By 清水 英斗 ・ 2021.2.28

シェアする

『立ち位置』というコトバが好きだ。


静的な位置に、「立つ」というアクションが乗った表現。何となくその位置に居るのではなく、意識してそこに立つ、という能動的なニュアンスがある。「ポジション」や「ポジショニング」と言われるより、感覚に働きかける、動力のあるコトバだなと個人的には感じる。


元々『立ち位置』は演劇等で使われる舞台用語だったが、今は一般的にも使われ、「グループの中での立ち位置を確立する」といった具合に、周囲との相対的な位置を示唆するコトバでもある。辞書を引くと、『周囲の状況の中でその人が取る立場』(デジタル大辞泉)と記されている。


決められたママの位置、独りよがりの位置ではなく、味方や敵など周囲の状況の中で決まる『立ち位置』。最初からサッカー用語だったのでは? と思えるほど、サッカー的な言い方だ。指導者や選手をはじめ、いつの間にか『立ち位置』と表現する人が増えたなと昨今思っていたが、現場にコトバが浸透するのは、それだけの要因がある。


ところで昨年、渡邉晋さん(現レノファ山口監督)の『ポジショナルフットボール 実践論』の制作に携わった。ご存知かもしれないが、あの本は巻末に振付師の夏まゆみ先生との対談が収録されている。


サッカー監督と振付師、まさに異色の対談だが、別に制作陣が押し付けたセッティングではない。「振付師や演出家の方と対談をしてみたい」と希望したのは渡邉さん本人だった。『立ち位置』の語源といい、このポジショナルプレー指導者の琴線といい、現代サッカーと舞台には繋がるもの、繋がるコトバがあるのだろう。


『切る』は相手を置き去りにするトラップ


また、渡邉さんと言えば、本にも書かれているが、コトバを大事にする監督だ。チームが共通語を持つことを重視し、その一つに『切る』がある。味方のパスを受けるとき、マークされた相手と並行か、より高い位置に立ってパスを受ければ、トラップ一つで相手を置き去りにできる。こうしたボールの受け方を、『切る』と定義しているそうだ。


切る! ズバッと。仙台での指導時代、特にこのプレーを吸収した蜂須賀孝治は、「切れてるよ、切れてるよ。早くちょうだい!」と試合中によく要求したそうだが、この地味なオフザボールの工夫に、『抜く』と同じような爽快感、達成感を与えたのは画期的だなと思う。実際、戦術的な効果は同じなのだから。子どもに教えれば、きっと面白がって、「切りまくる」だろう。楽しく戦術IQが上がる、これも動力のある良いコトバだなと思う。


日常言語にフィットする言葉を使う


『解放』も印象的だった。


直訳すればサイドチェンジだが、『解放』はただサイドを変えるだけの用語ではない。狭くなった場所から広いところへ、『解放』する。相手のきついプレッシャーから、ボールを『解放』する。つまり、狭くもなっていないのに、目的意識が薄いままサイドチェンジするプレーを『解放』とは呼ばない。


単なる手段としての意味に留まる『サイドチェンジ』に比べると、『解放』はその状況、目的、心理的な共感も含まれた戦術的ニュアンスがある。多層的な動力のあるコトバであり、これも面白い。なおかつ短い。


英語とかスペイン語とか、今まで日本には外来語で様々なサッカー用語が入ってきた。先入観のない外来語は、アカデミックに学ぶ意味では有効だった。しかし、最終的に現場で使おうとすれば、その意味を咀嚼し、自分たちに最もフィットする日常言語として、感覚的なアウトプットをしたほうが、より高い動力を生み出せる。


指導者は映像、数字など様々なツールを使って指導し、チームを強化するが、いつの時代も、コトバはその中心だ。試合中継で聞こえるコーチングの中に、そうした動力のあるコトバが潜んでいると思えば、耳を澄ませたくなるだろうか。(文・清水英斗)


写真提供:getty images

シェアする
清水 英斗

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『日本サッカーを強くする観戦力』、『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

このコラムの他の記事