ハリルジャパン、アジア予選最終戦を飾れず。サウジアラビア相手に課題残す敗戦

ハリルジャパン、アジア予選最終戦を飾れず。サウジアラビア相手に課題残す敗戦

2017.9.6 ・ 日本代表

シェアする

6日、FIFAロシアワールドカップ、アジア最終予選の最終戦がサウジアラビアで行われ、日本代表は0対1で敗戦。グループBの首位は変わらずだが、後味の悪い幕切れとなってしまった。


すでにW杯出場を決めている日本。勝たなければ、W杯自動出場の2位以内に入ることができないサウジアラビア。ホームチームにとっての運命の一戦は、日本にとって完全アウェイの雰囲気で始まった。


日本のスタメンはGK川島永嗣、右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都。中盤の底に山口蛍。インサイドハーフに柴崎岳と井手口陽介。ワントップに岡崎慎司、右にキャプテンマークを巻いた本田圭佑、左に原口元気が入る4-3-3でスタートした。


サウジアラビアがボールを奪うたびに大歓声が上がる中、日本はワントップの岡崎、左サイドの原口を中心に前線からプレスをかけてボールを奪うと、2年ぶりの代表戦となる柴崎、左サイドバックの長友を中心に攻勢を仕掛ける。


日本の決定機は前半33分。右からのコーナーキックを昌子がヘディングシュート。これはサウジアラビアの選手がゴールライン手前でブロックした。前半40分には柴崎が蹴ったフリーキックをGKがクリア。跳ね返りを拾った山口が、ペナルティエリアの外から強烈なミドルシュートを放つ。これもGKがセーブしたが、ゴールの枠を捉えた惜しい一撃だった。


サウジアラビアの決定機は前半43分。日本の中盤でボールを奪うと、ペナルティエリア左からマンスール・アル・ハルビが左足でシュート。これは枠を外れたが、肝を冷やす場面だった。


後半開始から、日本は本田に替えて、オーストラリア戦でゴールを決めた浅野を投入。開始直後の後半4分、右からのコーナーキックを吉田が頭で合わせ、流れたボールに酒井が反応して押し込むが、サウジアラビアの選手がゴール手前でブロック。決定機を作るものの、得点に繋げることができない。


後半10分には、長友が途中出場のファハド・アル・ムワラドにかわされ、決定的なピンチを迎えるが、川島が左足に当ててセーブ。スーパープレーでゴールを死守する。


一進一退の中、均衡を破ったのはサウジアラビアだった。後半17分、右サイドの裏に抜け出したファハド・アル・ムワラドが、吉田の寄せをものともせず、豪快なシュートを突き刺す。ついにサウジアラビアがゴールを決め、試合が動き出した。


1点返したい日本は後半22分、岡崎に替えて、日本代表デビュー戦となる杉本健勇を投入。後半35分には柴崎に替えて久保裕也を送り込み、交代カードをすべて使い切る。


後半43分、酒井の折り返しに反応した久保がダイレクトシュートを放つが、ジャストミートせず。その後もサウジアラビアが優勢に試合を進めてタイムアップ。ホームのサウジアラビアが1対0で勝利し、3大会ぶりのW杯出場を決めた。


試合後、ハリルホジッチ監督は「敗戦に値した内容かはわからないが、結果、負けてしまった。チャンスは作ったが、決めきることができなかった。勝利したサウジアラビアを称えたい」とコメント。W杯に向けては「しっかり分析して、今後のことを考えたい」と話すにとどまった。


2年ぶりの代表戦出場となった柴崎は「一瞬の隙でやられてしまった。アウェイの環境の中でも適応して、相手以上にタフにならなければいけない。(スタジアムは)独特の雰囲気があった」と厳しい表情。後半からキャプテンマークを巻いた吉田は「サウジアラビアのみなさんにおめでとうと言いたい。非常に難しい試合。1点をうまく守りきられた。W杯に出場する目標を達成できたことはほっとしているが、本戦に向けてもっとレベルアップしないといけない」と悔しさをにじませた。


この結果により、日本とサウジアラビアがW杯自動出場の2位以内に入り、オーストラリアがグループA3位のシリアとのプレーオフに回ることとなった。


試合後、原口が「これからが勝負」と語ったように、W杯登録メンバー入りに向けた競争が始まる。10月にはキリンチャレンジカップ2試合、11月には欧州遠征が控えている。W杯まで9ヶ月、歩みを止めている時間はない。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事