U-17W杯決勝は、リバプールとバルサの期待の星が得点王を争う展開に!!

U-17W杯決勝は、リバプールとバルサの期待の星が得点王を争う展開に!!

2017.10.26 ・ 日本代表

シェアする

 インドで開催されているU-17ワールドカップは現地時間の10月25日、準決勝の2試合が行なわれ、イングランドとスペインが決勝に名乗りを上げた。



 コルカタで行なわれたブラジル対イングランドは、開始10分にイングランドのリアン・ブリュースターが先制点を奪えば、ブラジルも21分にウェズレイが同点ゴールを挙げ、両者譲らぬ白熱の展開に。しかし、イングランドは39分にブリュースターがこの日2点目を奪って勝ち越すと、終盤の77分にも再びブリュースター。リバプールに所属するエースの大活躍で、イングランドが3-1でブラジルを下した。


 イングランドは5月のU-20ワールドカップを制覇しており、今大会で優勝すれば2003年のブラジル以来となる、U-17&U-20の“ダブル”優勝となる。


 一方、ナビムンバイで行なわれたマリ対スペインは、過去3度決勝に勝ち進んだことのあるスペインが序盤から圧倒。19分に、バルセロナBに所属するエースストライカーのアベル・ルイスが先制点を挙げると、43分にもアベル・ルイスがPKで2点目を挙げる。後半に入っても攻撃の手を緩めないスペインは、71分にフェランがダメ押しの3点目。マリの反撃を1点に抑えて3-1で勝ち切った。


 2007年大会以来の決勝進出を果たしたスペインだが、過去に優勝経験はなく、悲願達成へ四度目の正直に懸ける。


 決勝のカードは、今年5月に行なわれたU-17欧州選手権決勝と同じ顔合わせに。この時は、スペインが2-2からのPK戦の末にイングランドを下している。


 また、ともに9番を背負い、準決勝で期待通りの活躍を見せた両エース。イングランドのブリュースターは今大会7得点で現在得点ランキングのトップに立つ。一方、スペインのアベル・ルイスは1点差の6得点で2位につける。メガクラブで研鑽を積む期待の星たちの熾烈な争いにも注目だ。


【決勝】

イングランド vs. スペイン

10月28日/20:00(日本時間23:30)/コルカタ


【3位決定戦】

ブラジル vs. マリ

10月28日/17:00(日本時間20:30)/コルカタ

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事