吉田麻也「次負けたら意味がない、ここまでの努力が全て水の泡になってしまう」

吉田麻也「次負けたら意味がない、ここまでの努力が全て水の泡になってしまう」

2019.1.29 ・ 日本代表

シェアする

AFCアジアカップ UAE 2019準決勝、森保ジャパンはアジア勢相手に39戦負け無し、今大会もここまで最多得点と無失点を記録している最強イランと対戦、苦戦が予想されたが攻守の噛み合う見事な試合を見せ3−0で快勝した。決勝ではカタールvs UAEの勝者とアジア王者の座を争うことになる。イラン戦終了後、原口元気、長友佑都、冨安健洋、吉田麻也に話を聞いた。


MF 原口元気選手

ーゴールを決めた場面について

「感覚ですね。キーパーがどう反応するか見る余裕はなかったので、蹴り込むっていう気持ちだけで蹴りました。」


ーゴールの後サポーターを煽っているように見えた

「いろいろ自分自身思うところがあるので、決勝後にいろいろしゃべりたいと思います。」


ー大迫選手の存在について

「彼がいることによって2列目の僕らのプレイの質が上がりますし、彼が収めてくれることによって僕らは前向きでプレイできるので、そこには大きな違いがあると思います。」


「一つ一つ苦しい戦いを勝ってきたからこそ今日良いゲームができましたし、一つ一つチームが成長してきた証かなと思います。」


DF 長友佑都選手

「雰囲気が本当にアウェイですごく難しいゲームでしたけど非常に集中できていましたし、危ない場面もそこまで多くなくて集中してゲームに入れて良かったと思いますね。とにかく今日みたいにみんなで戦って、勝利を目指すサッカーを次もやって必ず優勝したいと思います。」


DF 冨安健洋選手

「試合の入りはバタついた感じはありましたし、前半も一本決定的なチャンスを作られているわけで、あれが決まっていればわからなかったですし、そういったワンプレイを大事にしないと。もし失点していれば難しいゲームになったはずなので、隙を作らないようにしないといけないと思います。」


DF 吉田麻也選手

「20番(アズムン)がキープレイヤーだと理解していましたし、そこのターゲットでポイントを作らせないことと、中途半端なボールにしっかり対応することを意識していたので上手く出来たと思うし、トミ(冨安)もすごく頑張って戦ってくれていたので、僕はほとんどやることもなくて楽にやらせてもらいました。次負けたら意味がないですし、ここまでの努力が全て水の泡になってしまうので、もう一個勝ってアジアのチャンピオンに返り咲きたいと思います。」


AFCアジアカップ UAE 2019 決勝戦

日本代表 vs カタール代表 or UAE代表

2月1日(金)23時00分キックオフ(予定)

テレビ朝日系列/NHK BS1にて生中継

シェアする

最新記事

おすすめ動画