【ハイライト動画】なでしこ、岩渕、横山のゴールで中国に完勝!アジア連覇に王手

【ハイライト動画】なでしこ、岩渕、横山のゴールで中国に完勝!アジア連覇に王手

2018.4.18 ・ なでしこ

シェアする

日本時間18日、AFC女子アジアカップ準決勝の中国戦がヨルダンで行われ、なでしこジャパンは岩渕真奈と横山久美のゴールで3対1で勝利。アジアカップ連覇に向けて、大手をかけた。


アジアカップでベスト4に入り、フランスで来年開催される女子ワールドカップの出場権を獲得したなでしこ。準決勝は大黒柱の阪口夢穂、山下杏也加、鮫島彩などを温存し、スタメンはGK池田咲紀子、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、三宅史織、有吉佐織。ダブルボランチに宇津木瑠美と隅田凛。右サイドに中島依美、左に長谷川唯。トップ下に増矢理花、1トップに今大会好調の岩渕真奈が入る4-2-3-1でスタートした。


立ち上がりからなでしこが鋭い出足でボールを奪い、持ち前のパスワークで主導権を握ると、前半39分に岩渕真奈が鮮やかなドリブルで相手を翻弄し、左足で強烈なシュートを打つ。GKの手を弾く強烈なシュートを突き刺し、先制点をマークした。


後半、最初のビックチャンスは中国。後半4分、今大会3得点の宋端がペナルティエリアの外から右足でシュートを放ち、鋭いボールがゴールポストを直撃する。


なでしこは後半20分、岩渕のパスを受けた長谷川がペナルティエリアで相手をかわし、狙いすましたシュートを打つが、わずかにゴールの枠を逸れた。


2点目を決め、中国を突き放したいなでしこ。後半23分に中島に替えて川澄奈穂美、後半28分には長谷川を下げて横山久美を投入。すると、ストライカーの横山が大仕事をやってのける。


後半40分、ペナルティエリアの外側でパスを受けると、相手が寄せて来ないと見るや、右足を一閃。狙いすましたシュートをゴールに流し込み、待望の2点目を奪うことに成功した。


横山の勢いは止まらない。後半43分、横山が打ったシュートがペナルティエリアで相手のハンドを誘い、PKを獲得。これを自ら決めて3点目。


直後、増矢に替えて田中美南を投入。後半44分には横山がペナルティエリアで相手を倒してPKを献上。1点を返されるが、中国の反撃もここまで。なでしこが3対1で勝利し、決勝戦への切符を手に入れた。


試合後、先制ゴールの岩渕は「みんなが頑張ってくれているので、自分はゴールという結果を残そうと思って毎試合プレーしています。もっとチームを助けられるように頑張りたい」と話し、オーストラリアとの決勝戦に向けては「前回引き分けてしまったので、勝ちに行けるように、チーム全員で頑張りたい」と力強く語った。


2ゴールの横山は「1点取って、チームを楽にしたいという気持ちで試合に入りました。最初のシュートでゴールが入って良かったです。得意なコースでしたし、蹴った瞬間に入ると思った」と笑顔を見せた。


中国に完勝し、二大会連続で決勝へ進んだなでしこ。相手はグループステージで引き分けた、オーストラリアに決まった。急速に力をつけるライバルに勝って、アジア王者の座を守りたいなでしこが挑む注目の決勝戦は、20日(金)25時50分より、テレビ朝日系列とNHK BS 1で生中継される。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事