【決勝 なでしこ vs 豪州戦 終了後コメント動画】FW横山久美「びっくりです、びっくりしました。」

【決勝 なでしこ vs 豪州戦 終了後コメント動画】FW横山久美「びっくりです、びっくりしました。」

2018.4.21 ・ なでしこ

シェアする

AFC女子アジアカップ2018決勝はグループステージに続き、サッカー日本女子代表vsオーストラリア女子代表の対戦となった。パワーとスピードを兼ね備えたオーストラリアの猛攻を受ける時間が長くなったなでしこだが、山下杏也加の見事なPKストップなど粘り強い守備でゴールを許さず、途中出場の横山久美の値千金の得点で見事にアジアカップ連覇を達成した。DF熊谷紗希、FW横山、GK山下、FW岩渕真奈の試合後コメント。


DF熊谷紗希選手

「結果が出ない時期もあってどんな風にチームを持っていけばいいのか、チームとしてどう戦っていくか、年齢が上のメンバーで悩んだこともあった。今大会はそういう中でチームとしてひとつになれて、全員で勝ち取れた優勝だと思うので、そういった意味では嬉しさも倍増というか、本当に嬉しいです。」


FW横山久美選手

「『とにかく一発頼むよ』って入った瞬間に(阪口)夢穂さんに言われましたし、サメ(鮫島彩)さんにも『待ってるよ』って言われてたので、とにかく一本しかないチャンスを決め切ることができて良かったなと思います。(長谷川)唯がすごくいい形でドリブルで来て、相手と相手の間にポジションを取れて、ターンや切り返しの時も敵が凄く見えていたので、シュートをフリーで打てたかなと思います。(ゴールが決まった瞬間は?)びっくりです、びっくりしました。」


GK山下杏也加選手

「(PKの時は)8番の選手が蹴る方向見ていたので、自分の経験から見ている方に飛んだら、タイミングもボールスピードも自分の思い通りのところに来たので良かったです。PKの前にも上手く弾いたり、良いキャッチの場面があったので自分の波に乗れたというか、チームも絶対失点しない雰囲気が出せたのかなと思います。」


FW岩渕真奈選手

「とにかく足が痛かったので「うわぁ」と思ってましたけど、1点入った瞬間はラスト5分くらいだったのでとにかく守ろうと思って。優勝が決まった瞬間は嬉しかったです。ここを最低ラインと考えて、もっと上にいけるように個人的には頑張りたいです。目標はW杯、五輪での優勝なので、最終的にそれを(澤穂希さんに)報告できたらいいかなと思います。」


シェアする

最新記事