【U-20W杯】得点王は日本戦でゴールを奪ったあの男。ホテルで乱闘騒ぎの2チームの選手は表彰式で…

【U-20W杯】得点王は日本戦でゴールを奪ったあの男。ホテルで乱闘騒ぎの2チームの選手は表彰式で…

2017.6.11 ・ 海外サッカー

シェアする

 U-20ワールドカップの決勝が6月11日、韓国の水原ワールドカップ競技場で行なわれ、イングランドが1-0でベネズエラを下し、初優勝を飾った。決勝に先立って行なわれた3位決定戦のウルグアイ対イタリアは、イタリアが0-0からのPK戦を4-1で制した。日本は今大会で2位、3位、4位チームと対戦したことになる。


 試合後に表彰式が行なわれ、MVPのゴールデンボールはイングランドのエース、ドミニク・ソランキが獲得した。またシルバーボールはウルグアイのフェデリコ・バルベルデ、ブロンズボールはベネズエラのジャンヘル・エレーラが獲得している。


 なお、決勝前日には同じホテルに宿泊していたウルグアイとベネズエラの選手たちが乱闘騒ぎを起こしたと伝えられていたが、表彰式で隣り合ったバルベルデとエレーラは互いの健闘を称え、握手を交わしている。


 さらに得点王のゴールデンブーツ賞に輝いたのは、5得点を挙げたイタリアのリッカルド・オルソリーニ。グループステージ第3戦では、日本と対戦し、開始早々の3分に左からのクロスをボレーで叩き込み、先制点を挙げた。オルソリーニはさらに決勝トーナメントの1回戦・フランス戦、準々決勝・ザンビア戦、準決勝・イングランド戦でも先制ゴールを挙げ、イタリアの躍進を支えた。


 最優秀GKのゴールデングローブ賞には、決勝でPKを止めるなど大活躍を見せたイングランドのフレディー・ウッドマンが輝いている。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事