【U20WWC】MF長野風花「率直にこの試合に勝ってあと二試合できることをとても嬉しく思います。」

【U20WWC】MF長野風花「率直にこの試合に勝ってあと二試合できることをとても嬉しく思います。」

2018.8.18 ・ なでしこ

シェアする

優勝候補の一角であるドイツからの、実に見事な勝利だった。押し気味に進めながら敗北を喫したスペイン戦の反省を活かし、粘り強い守備と丁寧なボール回しを焦れずに続けチャンスを作り出しての3得点。決勝進出をかけて戦うイングランド戦に向けて弾みのつく試合となった。試合後、遠藤純選手、長野風花選手、高橋はな選手、宮澤ひなた選手の4人に話を聞いた。


MF遠藤純選手

「スペイン戦もあの状況で外してしまって、あの瞬間に(頭の中に)出てきて「ここは絶対決める」って気持ちで決めました。最初は自分の得意な左足で打とうと思ったんですけど、相手がコースを切っていたので切り返して。自分の狙っていたコースに蹴れたので良かったです。心の底から、すごく嬉しかったです。」


MF長野風花選手

「率直にこの試合に勝ってあと二試合できることをとても嬉しく思います。前半は全然悪くなかったですし、チャンスも作れていて、(ハーフタイムに)このまま焦れないで回して、空いているところを見つけてどんどんシュートを打っていこうと、会話して後半に臨みました。

(先制点が決まった瞬間は?)

本当に欲しかった得点だったので嬉しさが爆発しました(笑)目の前の試合に集中して、しっかりイングランドに勝って決勝に進みたいと思います。」


高橋はな選手

「ミーティングで相手の身長を見てシンプルに大きいなと思ったんですけど、その中でもボールが入る前の駆け引きだったり、ボールが入った時に強くいくことを意識して。1失点はしてしまったんですけど(南)萌華さんと一緒にDFラインもみんなで意識してできたかなと思います。相手のカウンターが強い中で、ドリブルで運んできた場面を防げたのは良かったと思います。」


MF宮澤ひなた選手

「最後に決め切る部分であったり、球際で相手に負けることもたくさんありましたし、体を張ることや自分で仕掛けられるところももっとあったと思います。まだまだもっとこの場で試せる環境があるので、次もチャレンジして頑張っていきたいと思います 。」


8/20(月) 23:00キックオフ(日本時間)

FIFA U-20女子ワールドカップ フランス2018 準決勝

U-20イングランド女子代表 vs U-20日本女子代表

フジテレビNEXT にて生中継予定


シェアする

最新記事