東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「吉田抜きには戦えない。“雑草”FWのサプライズ招集も…」

東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「吉田抜きには戦えない。“雑草”FWのサプライズ招集も…」

2021.5.18 ・ 日本代表

シェアする

 東京オリンピックの開幕まであと2か月あまりとなった。森保一監督は6月の2試合を最終選考の場と据えているが、一足早いこのタイミングで、五輪代表に精通する識者に登録メンバー18人を予想していただいた。フリーライターの元川悦子氏の見立ては?


――◆――◆――


 新型コロナの変異型ウイルス拡大で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の来日が6月に延期になるなど、東京五輪開催がいまだ不透明な状況だ。


 それでもU-24日本代表の歩みを止めるわけにはいかない。6月には5日(ガーナ戦)と12日にテストマッチが行われる予定で、これがメンバー決定前最後の見極めの場となる。日頃から視察を欠かさない森保監督としても、最終絞り込みの機会を最大限有効活用したうえで、金メダルを狙える最強布陣を選ぶ構えだ。


 そこで最近の各クラブでの活躍度なども踏まえながら、現段階での五輪登録メンバー18人を予想してみることにする。


 まずGKだが、今季J1フル出場の大迫敬介(広島)、沖悠哉(鹿島)、谷晃正(湘南)のうち2人の選出が有力視される。このうち、森保監督が2019年コパアメリカ(ブラジル)や2019年EAFF E-1選手権(釜山)などA代表活動に帯同させた大迫は当確。もう1枠を沖と谷が争うことになる。


 2人を比較した場合、ビルドアップ能力や攻撃の起点となる力は沖が上だが、シュートストップや反応の部分では谷が優位。五輪の南アフリカ、メキシコ、フランスという対戦相手を考えた時、劣勢に回る時間帯が長くなる分、谷の方が持ち味を発揮できそうだ。加えて、インドで開催された2017年U-17ワールドカップに出場するなど国際経験値が高く、修羅場をくぐった回数も多いだけに、今回は彼を選ぶほうがベターだろう。


 一方、センターバックは人材豊富で悩ましいところ。が、A代表の主力である冨安健洋(ボローニャ)、ボランチ併用可能な中山雄太(ズウォーレ)、板倉滉(フローニンヘン)の欧州組3枚は確実だ。森保監督はさらにオーバーエイジ枠の吉田麻也(サンプドリア)という重要なコマを加えると見られる。


 2014年ブラジル・2018年ロシアの両W杯に加え、2008年北京・2012年ロンドンの両五輪を経験しているA代表キャプテンの実績は申し分ない。そして仲間を鼓舞できる牽引力も見逃せない。3月の日韓戦でも「Jの1.5倍の強度を出せ」と言われた山根視来(川崎)がいきなりゴールを決めた通り、言動から世界基準を示せる点は心強い。指揮官の信頼も絶大で、吉田抜きに今回の五輪は戦えないと言っても過言ではない。 最後はFW陣。1枚は森保監督から重用されてきた上田綺世(鹿島)が有力だ。故障明けのFC東京戦でいきなり得点を奪うなど、試合を決定づける力はやはり非凡だ。


 2枚目は、今季ブレイク中の林大地(鳥栖)を推したい。ここまで無印のサプライズ選出になるが、野獣のようにゴールに突き進む雑草魂は岡崎慎司(ウエスカ)を彷彿させる。ここでブレイクし、A代表入りすれば、岡崎と同じ道を歩む可能性もある。秘めた爆発力に期待したい。

  ラスト1枠はオーバーエイジの大迫勇也(ブレーメン)。彼の存在価値の大きさは3月のA代表でも実証済み。本人も落選したロンドンのリベンジを果たしたい気持ちは強いはず。日本のエースFWのブレイクもメダル獲得には必須と言っていい。


 森保監督は、結局のところ「信頼できる人間と戦う」という指揮官。大きなリスクは侵さないと考えるのが自然だ。


文●元川悦子(フリーライター)

  続いて、サイド枠に目を向けると、右を主戦場とする菅原由勢(AZ)はまず当確だ。年明けにベルギーへ移籍した橋岡大樹(シント=トロイデン)もリーグ終盤はコンスタントに出場したが、海外経験値や左右のサイドとアタッカーもこなせる多様性を踏まえると、やはり菅原の方が使い勝手がいい。


 問題は左の候補者だ。3月時点ではボランチから後ろの全ポジションをこなせる原輝綺(清水)が濃厚と見られたが、再び負傷で長期離脱を強いられ、7月の本番には間に合わなくなった。となると、次なる選択肢として古賀太陽(柏)が浮上する。柏では3バック左が主戦場だが、3枚でも4枚でも左のサイドには入れる。強豪揃いの五輪では、派手さはないものの、守備面で計算できる彼のような人材がいいのではないか。


 ボランチはCB併用の中山、板倉に加え、すでにJ基準を超えるレベルに達している田中碧(川崎)が確実。「最近はピッチ上で上から俯瞰して見ているように判断できるようになった」と言い切る彼は不可欠な人材だ。


 この3枚に厚みをもたらすのが、オーバーエイジ枠のブンデスリーガの“デュエル王”遠藤航(シュツットガルト)。吉田同様、過去にW杯と五輪経験があり、頭抜けた統率力も併せ持つベストな人材だ。最終ラインでも戦えるユーティリティ性も超過密日程の五輪を戦い抜くうえで重要なポイントだろう。


 ボランチに関しては、森保監督から寵愛された柴崎岳(レガネス)、東京五輪を熱望する本田圭佑(ネフチ・バクー)らも候補者ではあったが、やはり遠藤を置いて他にはいない。

  アタッカー陣も選択肢が多くて難しいが、森保監督がコンスタントにA代表に呼んでいた堂安律(ビーレフェルト)と久保建英(ヘタフェ)は確実に呼ぶはず。久保は試合出場機会を増やせず苦しいシーズンとなったが、高い技術と外国人相手の駆け引き、ボールを収める力など総合力を考えると、やはり外せない存在と言っていい。



 そこに組み合わせるべきなのが、今季J1で結果を残している前田大然(横浜)、三苫薫(川崎)、相馬勇樹(名古屋)の3枚。前田大然の速さと走力、献身的な守備という他にはない武器があり、最前線に入れるのも強みだ。


 三苫は3月のU-24アルゼンチン戦では不発に終わったが、伸びしろは大きい。緩急をつけたドリブルで相手を翻弄できる部分も特筆すべき点だ。そして相馬は短時間でも流れを変えることができ、3バックのアウトサイドもこなせる点が頼もしい。明確なストロングを持つ彼らが違いを作ってくれるはずだ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事