【U20WWC】DF北村菜々美「前でボールをもらってもパスばかり考えていた、もう少し仕掛ければ良かった」

【U20WWC】DF北村菜々美「前でボールをもらってもパスばかり考えていた、もう少し仕掛ければ良かった」

2018.8.10 ・ なでしこ

シェアする

連勝を目論んで挑んだスペイン戦だったが、セットプレーでの失点を奪い返せず、押し気味に進めていた試合を落としてしまったヤングなでしこ。細かい部分でのミスも多く、悔しい敗戦になった。これによってグループステージ突破は次節パラグアイ戦に持ち越され、日本が勝利を収めただけでは確定しない状況となってしまった。スペイン戦を戦い終えた長野風花選手、北村菜々美選手、遠藤純選手に話を聞いた。


MF長野風花選手

「スペインのセットプレーが強いことは最初から気をつけていたんですけど、失点に繋がったコーナーキックも自分達のミスからでしたし失点はしてはいけなかったんですけど、それ以上に自分達が取り返せなかったのが悔しいです。今日のFKも壁に当たってしまって、あの場面を決めないとこういうゲームになってしまうので、もっともっと練習して次にチャンスがあれば絶対に決めたいと思います。もっと攻撃参加だったり相手が嫌なパスを出していかないと得点に繋がらないと感じました。」


DF北村菜々美選手

「しっかりこっちでボールを回せていたのに攻撃で点を決めきれなかったのは課題だと思います。前でボールをもらっても仕掛けることが少なくてパスばかり考えていたので、もう少し仕掛ければ良かったです。いつもはワンツーとかで崩せるんですけど、相手が引いていたので崩しづらかったです。クロスは上げられているんですけど、まだまだ回数も少ないので(パラグアイ戦では)アシストをしたいです。」


MF遠藤純選手

「今日はスタメンと言われた時は最初からアグレッシブに、前線から相手を困らせるようなプレーをしていこうと思いました。ミドルシュートも結構打てたんですけど、もっとキーパーを見ることであったり、味方を使って自分がフリーになれるシーンも多くあったので、周りを使いながら自分が得点するのも大切だと思いました。(パラグアイ戦は)自分のストロングである左足のシュートで相手のゴールを揺らしたいと思います。」


8/13(月) 20:30キックオフ(日本時間)

FIFA U-20女子ワールドカップ フランス2018 グループC 第3節

U-20日本女子代表 vs U-20パラグアイ女子代表

フジテレビNEXT にて生中継予定


シェアする

最新記事