「GKは何もできなかった」衝撃ミドル弾の久保建英に現地紙が両チーム“最高評価”!「一年中姿を消していたのに…」

「GKは何もできなかった」衝撃ミドル弾の久保建英に現地紙が両チーム“最高評価”!「一年中姿を消していたのに…」

2021.5.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 待望の今季リーガ初ゴールを決めた久保建英への称賛が鳴りやまない。


 現地時間5月16日に開催されたラ・リーガ第37節で、久保が所属する16位のヘタフェは、13位のレバンテとホームで対戦。2-1で勝利し、残留を確定させた。


 この重要な一戦で決勝点となるゴラッソを叩き出したのが久保だ。1-1で迎えた75分からピッチに立つと、迎えた84分だった。


 敵GKダニ・カルデナスのパスミスを突いてボールを拾うと、そのまま左サイドから仕掛け、DFをかわして左足を一閃。強烈なミドルシュートでネットを揺らしてみせた。


 ラ・リーガでは昨シーズンの35節以来のゴールとなる、鮮やかなゴラッソを叩き込んだ日本代表MFを現地スペインのメディアも高く評価している。


 全国紙の『AS』は、両チーム唯一となる最高の3点(3~0点)を与え、「彼は一年中姿を消していたが、重要な日が到来し、チームを降格から救った。日本人は素晴らしい個人技で、ヘタフェに勝利を与え、残留させた」と称えた。


 また、同じく有力紙の『MARCA』も、両チーム最高タイの2点を与え、次のように激賞している。


「この日本人はクオリティが高いが、ヘタフェではそれを示す機会はあまりなかった。彼はボールをレバンテのエリアで持ち込み、ディフェンダーを幻惑し、カルデナスが守るゴールにフィニッシュした。GKはそれを防ぐために何もできなかった」


 久保らしい仕掛けから、圧巻のミドル。19歳のゴラッソにスペイン中が酔いしれた。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事