『アジア最強』のイランに3−0快勝!森保ジャパン、アジア王者奪還へ王手

『アジア最強』のイランに3−0快勝!森保ジャパン、アジア王者奪還へ王手

2019.1.29 ・ 日本代表

シェアする

日本時間28日、AFCアジアカップ2019 UAEの準決勝が行われ、日本代表はイラン代表と対戦。“アジア最強”の呼び声高いイランに対し、攻守に歯車が噛み合った日本が3対0で快勝。2大会ぶりの優勝に向けて、あと1勝に迫った。


勝てば、2大会ぶりの決勝進出となる日本。スタメンはGK権田修一、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。ダブルボランチに柴崎岳と遠藤航。右に堂安律、左に原口元気、トップ下に南野拓実。ワントップに大迫勇也が入る、4-2-3-1でスタートした。


立ち上がりから日本が優勢に試合を進める。ダブルボランチの柴崎、遠藤を起点にパスを回し、ワントップの大迫、2列目の原口、堂安、南野が絡み、イランゴールに襲いかかる。


しかし、最初のビッグチャンスはイラン。前半22分、日本がミスでボールを奪われ、アズムンにシュートを打たれるが、GK権田が足に当ててブロック。ファインプレーで決定機を阻止した。


その後、イランが縦へのスピード、球際の強さ、ロングスローなどの武器を駆使して日本陣内に攻め込み、ワントップのアズムンにボールを集めて活路を見出していく。


一進一退のせめぎ合いが続く中、先手を取ったのは日本だった。後半11分、南野が相手に倒されながらも諦めずにボールを追いかけると、ゴール前へクロスを送る。これが大迫の頭にピンポイントで合い、ヘディングでゴールに流し込んだ。


後半14分には再三、相手のアタックを受けていた遠藤が負傷交代。塩谷司がピッチに入る。そして後半18分、南野の折り返しがイランの選手の手に当たり、PKの判定。これを大迫がゴール右に落ち着いて決め、2対0にリードを広げた。


後半27分には酒井が交代を申し出、室屋成を送り込む。その後もイランが日本のゴール前にボールを放り込む展開が続くが、センターバックの冨安を中心に跳ね返し続ける。


日本は後半44分に堂安を下げて伊東純也を投入。そして後半アディショナルタイム、原口が左サイドをドリブルで切り裂き、強烈なシュートを突き刺して3点目。終了間際には、両チームの選手が入り乱れる場面もあったが、最後まで冷静に戦った日本が3対0で勝利し、決勝戦への切符を手に入れた。


試合後、森保一監督は「厳しい試合だった。選手たちが戦う姿勢を示して、勇気を持ってプレーしてくれた」と振り返り、2ゴールの大迫は「ケガもあって、出られない時間が続いた。不甲斐ない気持ちが強く、プレーで示そうと思っていた。大一番でアジアカップ一番の出来の試合ができたので自信になる」と話し、決勝に向けては「勝つしかない。結果だけ」と言い切った。


アジアの頂点まであと一歩。注目の決勝戦は2月1日(金)23時にキックオフ。試合はテレビ朝日系列、NHK-BS1で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事